水シャワーだけで冬は大丈夫?風邪をひかないのか?を検証。

生活・家事
スポンサーリンク

風邪?発熱?の原因に?
いくら快適でも水シャワーが冬におすすめされない理由。

ここでは水シャワーの思わぬ欠点や、実際に水シャワーで風邪を引いてしまった話を紹介しましょう!

冬の水シャワーってあり?!

夏にするととても気持ちいい水シャワー。熱くなった体温を下げて熱中症も防ぎます。

そんな冬にも水シャワーを浴びる人も、実は多いのです。なんでも血液の流れが良くなり、心や体にいいことがあるという説もあるのです。

でもちょっとまって!冷水じゃないとしても冬のシャワーは冷たいです!

長い時間冷たい水を体に浴びていたら当然体は冷えますし、血行が悪くなってしまいます。せっかく体に刺激を!と思っても、他にも冬の外気で思い切り冷えた水は心臓に負担も与えます。

当然高齢者や心臓疾患がある人にはおすすめしませんし、高血圧の人もちょっと危ないですね。

やるとしたら下半身だけ冷たくない温度で体を冷やさないようにきちんと管理して!
これでようやくやってもいいかな?といったラインです。

当然、冷たい水は体を冷やし体温が逃げて風邪の元にもなりかねませんよ。

水シャワーだけ!はおすすめできない

夏は水シャワーだけと言う人は男性ではからり多く聞く話です。お風呂に浸かるよりもサッパリする、というのが理由のようです。

でも水シャワーだけで済ませてしまうのは、夏も冬も問わずあまりオススメすることが出来ません。

お風呂に入るということで体温の変化を調整し、自然な眠りにつながります。この効果からも、夏こそ湯船に!という専門家もいるほどです。

冬に水シャワーだけというのは、体温調節ができず、体調不良に繋がることが少なくありません。そして何より恐ろしいのが温度差が生まれること。

冬のお風呂で湯船に使った後寒い部屋に行くと、心筋梗塞を起こすことがあります。

また、体を冷やして暖房のきいた部屋に行けば、今度は逆の温度差が生じてしまいます。暖かい場所から冷たい場所が危険であるように、冷たい場所から暖かい場所も当然危険なのです。

また冬場は水も冷たくなりやすく、本人は水シャワーと思ってもちょっと触ってみたら冷水シャワーになっていた!なんて珍しくありません。

いいことばかりが目立ちますが冷静に考えたら体へのデメリットも大きいんです!



水シャワーで風邪をひきました!というエピソード

冬の水シャワーにハマり見事に風邪を引いた人もいます。

そもそも水シャワーと聞いて冬だろうが夏だろうがシャワーを水に切り替える!そういったことでは風邪を引くのは当たり前といえば当たり前です。

そういう人には長い間シャワーを浴びていたり、冷たいままの水シャワーを浴びている場合がほとんど。どうやら健康にいい、という話に聞いたイメージしたまますぐに実行してしまったようです。

正確なやり方や方法とされるものはきちんとあります。水シャワーがいいらしいからと、とりあえずそのままの水温でシャワーを浴びないように!

水シャワーの正しい使い方とは?

正確な水シャワーの方法としては、まず湯船に入って体をしっかり温めた後水のシャワーを全身に1分未満あてるだけです。

つまり、水シャワーをずっと浴びているわけではありません。

小耳に挟んで実行する場合はきちんとしたやり方を調べてからやるほうが安全ですよ。

水シャワーにも効果はある

そんな冷水シャワーですが、正確な方法を実践することで以下の効果があるとされています。

血行改善、新陳代謝向上、肌や髪の毛への美容効果、余分な脂肪を落とす、消化を良くする、病気にかかりにくくなる、など。

これだけ見れば試したくなる気持ちもわかります。

ただ注意しなければならないのは、正しいやり方を見ずに極端な方法でしてしまうこと。体を温めてから水で締めるといったイメージで実践してみましょう。

注意すべき点は、水の温度や長時間水を浴びない事。そして切り上げるタイミングをきちんと学んでから実践しましょうね。

まとめ

水シャワーについて、言うまでもないですが心臓が弱い人や高血圧の人、高齢者の人は実践しちゃダメです!

水シャワーという性質上、体温の上下はどうしても激しくなります。

通常であれば問題ない場合でも、疾患がある人にはおすすめできない健康法です。

コメント