うっかりミスはなぜ起こるの?防止と対策を教えて!

豆知識
スポンサーリンク

日常生活の中で「うっかりミス」をしてしまうことはありませんか?

私自身ですが、幼い子供を2人育てており毎日の忙しい生活の中で、うっかり買い物の買い忘れをしたり、ゴミ出しを忘れたりなど数えきれないほどあります…( ;∀;)

独身の方でも「うっかりミス」はあるとは思いますが、子育て中のお母さんや慌ただしい生活を送っている方はもっとうっかりしてしまうことが多いのでは?

「うっかりミス」はなぜ起こる?

そもそもこの「うっかりミス」はなぜ起こってしまうと思いますか?
誰でも「出来ることならなくしたい!」と感じているはずなので、防止方法と対策について紹介したいと思います!

まず、「うっかりミス」が起こる理由として考えられることは「人はきちんと見ているようで見ていない」と言えるからです。

私たち人間が持つ「記憶」というのは思っているよりも曖昧であって、例えば同じ風景を見ていたとしても注意をどこに向けていたかによって記憶に残る事柄は変わってきます。

人は注意をしようとして見ていても、しっかりと見ているようで見ていないということなのです。この「うっかりミス」を防止するためにはどんな対策が効果的と言えるのでしょうか?

簡単にいくつか紹介していきますので、うっかりミスの多い方や、なぜ人はうっかりしてしまうのか一緒に解明していきましょう!

まず、この「うっかりミス」を防止するためには「注意を向けない為に注意をすることが必要」となってきます。

ちょっと何のこと?と疑問に思った方もいると思うのでわかりやすく説明すると、例えば仕事をしているときは集中して業務に取り組まなくてはいけませんよね?

しかし、近くにスマホやパソコンがあるとついついメールをチェックしたくなることや、ニュースを見たくなってしまうことがありませんか?人間は注意が散漫になりやすいと言われますが、この行動こそがまさに当てはまっています。

「うっかりミス」をなくすためには、この「注意」を払う必要が大切といえるのではないでしょうか?



うっかりミスはなぜ起こるの?原因を探ってみた

そもそも「うっかりミス」がなぜ起こるのかということについて前文でも紹介してきましたが、ここで今一度詳しく掘り下げていきましょう!

「注意を向けない為に注意をすることが必要」ということについて紹介させていただきましたが、他にもミスが起こってしまう原因が存在します。

「うっかりミス」が起こる原因として、「自分の能力以上の事をしようとする」「知識不足」「ミスをすることが習慣になってしまっている」「目標が不明確な場合」などが挙げられます。

他にも自分自身のせいだけではなく「周りに誘発される」場合なんかもあります。

私自身思っていたよりも人間のミスにはさまざまな理由や原因が含まれていて、正直びっくりしてしまいました!

こう並べてみるとミスへの対策にもいろんなパターンが必要になってきそうですね!

うっかりミスを事前の対策方法

うっかりミス対策

これまで「うっかりミスが起こってしまう原因」について紹介してきましたが、みなさん日常のミスを少しでも減らしたいですよね?

そんなうっかりミスの防止と対策方法について紹介していきたいと思います!

ミスを起こさないとはどういうこと?と考えたときに必要なのが、ミスを起こさせない環境整備と状況作りが大切です。
また、自分自身が注意をすることでミスを防げることが多いので、自分をコントロールできる力も必要となってきます。

自分自身がどうしたらミスをしてしまうかを、あらかじめ予測することが出来れば事前に防ぐ事も出来ます。

まとめ

私たち人間はミスをしてしまう生き物です。全て完璧な人間なんてこの世に存在するはずがないのです。しかしこの「うっかりミス」を減らすことでグッと生活しやすくなります。

「自分自身をコントロールする力」「ミスをしない環境づくり」のこの2つが「うっかりミス」を少なくするキーポイントになるのではないでしょうか?

コメント