綱引きの掛け声といえば?オーエスのほかに種類がある?

スポンサーリンク

綱引きの掛け声といってもいろいろなものがあるので、どんな掛け声をすればみんながまとまるのか悩みますよね。

運動会の時に行う「綱引き」の掛け声について、気になって調べてみました。そもそも綱引きの掛け声は決まっているのでしょうか?

一般的にこれといって決まっている掛け声はありませんので、それぞれ気合が入りやすいものを採用していると思います。

綱引きで一番良い掛け声は何でしょう?この記事では、「綱引きの掛け声」についてご紹介させていただきます。

綱引きの掛け声の「オーエス」ってどういう意味?

あなたは綱引きの時にどのような掛け声を出しますか?

学校や地域によってもさまざまな違いがあると思います。ちなみに筆者の学生時代は、特にこれといった掛け声は決まっておらず、たまに「せーの」とか「そーれ」と言うぐらいでした。

綱引きの掛け声について調べてみたところ、「そーれ」や「よいしょー」と言っているところや、なかには無言というところもあるようでした。

なかでも、ダントツで多かった掛け声は「オーエス」です。

筆者は初めて耳にした言葉ですが、これを読んでいる人の中には「オーエス」という掛け声を出していた人が多いのではないでしょうか。この「オーエス」という掛け声ですが、実はれっきとした意味があります。

「オーエス」とは、フランス語の「oh hisse」が由来だという説が有力視されており、「それ引け」という意味を持っています。

「oh hisse」は、旗や帆を巻き上げる際に用いられた掛け声です。明治初期に外国人居留地でフランス人が綱引きをする際に掛け声で出していたとされています。

この時日本人によって「オーエス」と聞き取られたことが定着したきっかけだそうです。(もしかしたら「オーエス」とは言っていなかったかもしれませんね・・・)

しかし、日本人のちょっとした聞き取りが、今やこんなに定着していることは凄いと思います。

綱引きの際に「オーエス」と掛け声を出すと、なんだか綱の引きが良いような気がします。チームの団結が強くなりそうな言葉ですね!



他にどんな掛け声の種類がありますか?

では、次に綱引きでの掛け声は、「オーエス」の他にどんな種類があるのでしょうか?

上述したとおり、「そーれ」や「よいしょー」はよく使われていますが、地域によっては独特な文化があります。

たとえば、高知県では「サーウン、サーウン」という掛け声が使われています。おそらく高知県出身以外の人は、初めて聞く言葉でしょう。

「サーウン」は、サー!とウン!に分かれるようで、意味は「オーエス」と同じように「それ引け」が有力だそうです。

なぜ高知県でサーウンと言われるようになったのかはわかりませんでしたが、とても珍しい掛け声だと思います。言葉のリズムが良いので、スルリと綱を引くことができそうですね。

また、宮崎県では「エイエイエイサー」と言うそうです。なんだか沖縄県の民謡「エイサー」を思い出します。

エイエイエイサーの語源はわかりませんが、団結力をつけるのに役立ちそうな言葉です。

また、「ワッショイ」や、「イチ・二 イチ・二」のような掛け声を使っている地域もあります。

いずれにせよ、言いやすい言葉が綱引きの際に用いられやすいと思います。綱を引くことに一生懸命になるので、掛け声はリズム感があり団結しやすいものが好まれていますね。

勝利のためにも掛け声は大事なので、それぞれの地域に合った掛け声を大事にしましょう。

まとめ

この記事では、「綱引きの掛け声」についてご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

綱引きの掛け声は「オーエス」が一般的ですが、地域によってさまざまな種類があります。掛け声を出すことで勝利に近づくので、運動会の際にはぜひ積極的に掛け声を出しましょう!

コメント