お月見の団子にはこんな意味が!味わい深くなる秋の風物詩

スポンサーリンク

お月見の意味とは?

夏休みも終わって、九月になりました。日に日に日も短くなり、秋がやってきていますね。

九月といえばお月見、お月見といえばお団子!

お月見団子は九月の中秋の名月にお供えします。ススキと一緒に積み上げられている季節のイラストも多いくらい。
もはや定番の組み合わせです。

お団子を飾るお月見には十五夜と十三夜があり、片方やったら、もう一方もやること!これが片方だと縁起が悪い、とも言われていました。

ちなみに、
十五夜は旧暦の八月十五日。これが中秋の名月です。十三夜は旧暦の九月一三日です。

なんでお月見には団子とススキなの?

そもそもお月見の由来は中国の「月見の祭事」という行事から。お月さまは神様そのもので、収穫したものを捧げ祈りを捧げる行事だったのです。

しかし、日本に渡って江戸時代頃お供え物はお団子・ススキが定着してきます。

お団子は穀物がちゃんと収穫できた感謝の印!
お団子の材料は、お米の粉である上新粉で作る!

ということになったわけです。

ススキは実った稲穂に似ているから一緒に捧げて、より強い感謝を表しています。今年はそんなことを意識しながらおいしく楽しくお月見しましょう!

お月見のお団子の作り方と飾り方をまとめました!

お月見より団子!手作りに挑戦したい人においしい作り方をご紹介

お月見に使うお団子、難しいんじゃないの?とお思いでしょうか、そんなことありません!
今は白玉粉や豆腐を使ってお団子を作る方法もあります。

特に白玉粉は説明書どおりにまとめるだけでいいので、初心者さんや料理をしない人にも簡単につくれます。

でもせっかくだから今回はちゃんと上新粉で作ってみましょう!全く難しいことはしないので順を追って丁寧に作ると、間違わずに作れます。

作る数は月見用に飾るのに必要な数で決めます。

「十五夜には十五個、十三夜には十三個」

ご紹介する量はどちらも作れます。ある程度の個数に分けてから作るとお団子が余ったり足りなかったりがありません。



お月見団子のレシピ

材料はたった三種類!

■上新粉150グラム
■グラニュー糖大さじ1杯
■ぬるま湯130ミリリットル

耐熱のボールに上新粉とグラニュー糖を入れ、ある程度粉が混ざってから熱湯を加えて混ぜます。

次に、混ぜて粗熱が取れたら1分や2分位こねてまとめます。あとは数を分けて丸めます。大鍋でお湯をたっぷり沸かして丸めたお団子を入れます。この時鍋底に沈まないように混ぜましょう!

最後に氷水にとってあげ、水気をとりアミやザルにおいた後、うちわであおいだら出来上がり!

一番上に黄色いお団子を載せたい時はかぼちゃフレークを使います。丸める時に練り込めば、キレイな黄色が出てきますよ!(あまったら冷凍保存します)

あとはきれいに飾れば、お月見準備完了です。

お月見の団子の飾り方をおさらい


この常識を心得てると株が上がるかも!?

共通して決まっているのはお盆に懐紙を敷いて乗せること。紙にお団子がくっつくのが嫌であればそのまま敷かずに飾っても大丈夫ですよ!

ここでは十五夜の飾り方を解説します!

十五夜の飾り付け方法

十五夜では、十五個のお団子を飾ります。
一番下に三個×三列の九個、真ん中に2個×二列の四個、一番上に正面から見て縦に一列(ニ個)です。

正面から見た時に、下から三個・二個・一個となります。
頂点の団子が一個に見えるようにするのが大事なポイントなんです。

本来は十三個が正式で満月の数だけ団子を並べてましたが、現代では十五夜と十三夜で分けられています。

もしも簡略化したい時は下から九個・四個・一個と並べると、形がよくきれいに飾れます!

お団子は食べたほうがいいの?

お月見のお団子は神様とも言えるお月さまに収穫の感謝を表す意味があります。だからこそ、お団子を飾り、作って楽しんだ後はきちんと残さずいただきましょう。

この時はあんこやみたらしをつけてもよし、ついている甘みで食べるも良しです!翌日までならそのまま固くならずに頂けます。

まとめ

ちなみに、固いお団子は絶対イヤ!というときは作る時にお豆腐を使うと固くなりにくくなりますよ!

お家でも本格的なお団子で、楽しくお月見しましょう!

コメント