テストの前日!やる気が出ない、焦るなど正しい過ごし方は?

勉強・試験
スポンサーリンク

期末テストや受験、資格の試験などテスト前日の過ごし方ってとても大切です。
前日の過ごし方で合否が決まる!といっても過言ではありません。

しかし、やる気が出なかったり、焦ってしまったりすることもあります。
そこで、テスト前日の過ごし方についてちょっとだけアドバイスします!

テスト前日の正しい過ごし方とは?

本番のテスト前日は、今までやったテスト勉強をまとめて、夜はしっかり寝るのが良いでしょう。

朝はちょっと早く起きて復習してからいざテスト!
これができたらベストです。

しかし、テスト勉強が計画通りにいかず前日を迎えてしまったら・・・

テスト前日の最終手段として、「一夜漬け」、やってみますか?

ならば一夜漬けのテクニックをご紹介しましょう!

テスト前日「一夜漬け」のコツ!

さて、テスト前日の一夜漬けですが、効率よく必要な部分を一気に頭に詰め込むことが大切です。

優先順位や出題されそうな所、点数が高くなりそうな部分を優先的に頭に入れます。

先生が「ここテストに出るよ!」なんて言った部分は要チェックですよ。

翌日のテスト教科から順に対策していきます。

1時間目の科目だけ、まずは暗記・復習してみましょう。

一夜漬けの勉強方法は、

1)教科書の太字と前後の文を暗記
2)ノートで強調されている所
3)問題集を解く

この3つ!

そして一教科の時間を区切り、効率と集中率を一気に高めます。

次は、テスト前日になって、やらなきゃけいないのに「やる気」が出ない!という場合の前日の過ごし方を紹介します。

テスト前日、やる気が出ないときのコツ!

テストの前にやる気が出ないと、片付けがはかどる・読み始めた漫画を読破!
よくある事ですよね。

これは脳が現実逃避を起こしているから。
勉強以外普段しないことに集中してしまう理由です。

やる気が出ないと他のすべてが魅力的になります。

そこで、まずは部屋の環境を変えてみましょう。



環境を整え勉強できる状態に!

まず部屋の温度は低めに設定、しっかりと換気をします。
頭を寒く・足を暖かくすると自然と集中しやすくなります。

次はあらかじめ部屋や机から「物」をどかしてしまうこと!
片付けの誘惑を振り切ってしまいましょう。

スマホや漫画も一度どこかに引き離します。

あとは勉強の科目を次の日の科目に絞り込みます。

絞り込んだらとりあえず幾つか問題を解いてみましょう。

やる気は普通には出てきません。とりあえず初めてみることで、初めて必要なやる気が出てきます。

理想的なテスト前日の過ごし方はコレ!

本当はテスト前日の詰め込みの勉強はいいことではありません。
肝心な方法はいつもどおりであることです。

なので前夜は肝心となる翌日のテストの復習を軽くしましょう。

時間も決めると更に効率が上がります。あと10分だけ頑張ろう!とか、とりあえず1時間だけ集中!と細かく区切ることです。

そして人間の集中力が高まるといわれる、起床の3時間後がテスト時間に被るようにしっかり睡眠を取りましょう。

ここで時間を決めたことが活きてきます。
時間を決めて集中すると頭に言葉が残りやすくなります。

テスト当日にできること

テスト当日、直前は教科書を軽く見返し、少しでも頭に単語を入れます。

また、テスト問題では記述が最も点数が高いので、重要な単語を説明できるようにしておくと有利です。

少しでも何かを書いて一点でももらえるようにしておくのも良い方法です。努力が認められて加点してくれる可能性があります。

まとめ

テストの前日になったら、翌日の試験科目に絞り込んで、短期集中で必要なことを頭に入れます。

ポイントは、学校で出している問題集や教科書の練習問題の文章を中心に暗記することです。

あとは当日の運と暗記に選んだ箇所次第です。赤点を取らないように精一杯やってみましょう。

コメント