谷瀬の吊り橋(奈良県吉野)魅力を地元民が紹介。アクセス・見どころなど

奈良県
スポンサーリンク

みなさん日本一大きな「村」はどの都道府県にあるか、知っていますか?
多くの方が「北海道」と答えるかもしれませんが、実は「奈良県十津川村」です。

その面積は奈良県の約3分の1に匹敵するくらい大きいものです。その十津川村の名物が「谷瀬の吊り橋」という大きなつり橋です。

谷瀬(たにぜ)のつ吊り橋とは?

谷瀬(たにぜ)のつり橋は、その十津川村のシンボル的存在で、「つり橋」として全国的に有名なスポットです。
長さ297メートル、川面から54メートルの規模と記載してありますが、なにせ「アクセス」がまず大変です。

谷瀬の吊り橋のアクセスは厳しい!

自動車をお持ちの方でも、ここの山道は大変カーブが大きく、ドライブテクニックも高度でないと通過できません。
そのため、「奈良交通 新宮行きバス」を近鉄八木駅から乗ることを、おすすめします。

このバスは1日2本しかないので、バス指定席で予約を取っておいてから「谷瀬のつり橋」へ向かいましょう。
バスに乗って約3時間、やっと「谷瀬のつり橋」に到着します。

谷瀬の吊り橋の魅力とは?

ここから谷瀬のつり橋を渡れるわけですが、橋のスケールに、まずビックリします。
橋の板からところどころ川面が見れますが、ビル7、8回くらいの高さがあります。

しかも風がきつく、このつり橋は「ゆれ」が激しいときがあります。

ここをわたっていくわけです。かなり勇気がいります。

現に、数年に何人かの観光客がつり橋から振り落とされて、即死することがあります。
命の保証はありません!それくらい「勇気ある」つり橋わたりなのです。心して渡ってください!!

スポンサーリンク

吊り橋に吉野民の気質が表れている?

ここで、意外な事実に驚愕するでしょう。

地元の方は高齢者であり、ほとんど年齢70歳以上なのですが、このつり橋を平気で通過します。
ちょっと風があっても、自転車やバイクで、転落すること怖がらないでわたります。

地元の人たちに、谷瀬の吊り橋に恐怖心はないのか、と聞いたら、「死んだらそれで、おしまいやわ」と意外にアッケラカンとしています。ここが都会人とこの地元の人間の違いです。

吉野の人たちは、明治維新のとき、衰退勢力ではあったが、「(江戸)幕府を、守った」という「勇気」をもっているのです。そのため、戦いで命を落とすことは怖がっていない人たちです。

開拓者精神も旺盛で、北海道にも開拓へ行き、「新十津川」という「村」を作りました。
そして、この「ちょっとした恐怖心」を味わってから、この村にある「グルメ」を楽しむのもよいでしょう。

名物「柿の葉寿司」と川湯温泉をお試し!

「柿の葉寿司」は奈良県の名物ですが、奈良の中でも、この十津川にある「柿の葉寿司」は、サバの塩分を極力抑え、高級な「柿の葉」を使用しているので、奈良県では一番おいしい柿の葉寿司です。

あとちょっと足を延ばせば、奈良県では珍しい温泉「川湯温泉」とか川の中から温泉が湧き出る名湯があります。ちょっとしたスリルを味わった後は、地元の温泉で疲れを癒しましょう!

奈良観光をお考えの際は、参考にしてください。

コメント