新幹線にベビーカーを持ち込みする(普通車・自由席・グリーン車)

新幹線
スポンサーリンク

日頃、育児も家事も忙しいママたちにとって自分の実家はオアシス。実家には帰りたいけど、利用する新幹線での過ごし方には不安もたくさんです。

そもそもベビーカーの持ち込み自体が周囲に迷惑をかけてしまうのでは?と不安はつきません。

そんなママたちの不安が安心に変わるように、おすすめの乗り方をご紹介していきましょう。

新幹線ベビーカー持ち込み乗車について

新幹線にベビーカー持ち込みで乗車するときのポイントは3つです。

1.できる限り普通指定席の端の席を予約する
2.ベビーカーは新幹線待ちの間に折りたたみ抱っこ紐を利用する
3.周囲に迷惑をかけないようにグズリ対策を事前に考えておく

このことを踏まえて説明していきます。

自由席に乗車する場合のオススメ手段

赤ちゃんに限らず、子連れで新幹線を利用するときは指定席をおさえて、余裕を持って乗り込みたいものです。しかし連休や週末ともなると、なかなか予約がとれず自由席となってしまうこともあります。

そのような場合は当然ですが自由席も込み合います。堂々と赤ちゃんの席まで確保するということなんてできませんよね。

一つの席に赤ちゃんをだっこした状態でママが座り、その前には折りたたんだベビーカーが・・・。
これは、さすがに窮屈で、身動きがとれませんね。そこで、おすすめの席を紹介します。

自由席というと新幹線の端の車両になります。先頭でも最後尾の車両でも構わないのですが、その車両の更に端の席はスーツケースを置けるスペースが確保されています。

そのスペースは畳んだベビーカーを置かせてもらうのにも良いスペースです。ぜひ狙ってみてください。

また、車椅子の方用の席にもベビーカーを置くことができます。ただし、誰も利用していない時は良いと思うのですが、あくまでも車椅子の方用なので、お客さんが来たら譲りましょう。

どちらも無理だった場合は、できる限り多目的室が近い場所を狙ってください。赤ちゃんは場所を問わず、泣きます。そんな時には多目的室へいきましょう。おむつ替えや授乳もできるので便利です。

でも、やはりできる限り端の指定席を確保するか、指定料金を赤ちゃんの分を払って席を確保することがベストですね。



新幹線にベビーカーを持ち込む~グリーン車

新幹線のグリーン車と普通車の大きな違いは、座席間の余裕と座り心地です。

普通席が5列に対し、グリーン席は4席。その分、座席間に幅がありますし、前後の感覚も広くなっています。ベビーカーを折りたたんだ状態で前に置いても、普通席のように身動きが取れないということはありません。

ただ、グリーン車は家族連れは少なく、大人が大半で子供が座ることはごく稀です。静かに過ごしたくてグリーン車へという方も多いので、赤ちゃんがグズリ始めたら、すぐデッキへ移動するのがマナーでしょう。

そう考えると、やはりグリーン車でも、すぐ移動できる端の席(ドアに近い座席)がおすすめですね。指定を予約するときに、多目的室に近い端の席で、というと駅員さんがベストな咳を選んでおさえてくれますよ。

多目的室は車両により、号車が変わるので必ず駅員さんに確認しましょう。また多目的室は使用していない時はカギがかかっているので、使用するときは車掌さんは乗務員さんにお願いしましょう。

さきほども言いましたが、グリーン車は静かにくつろぎたいという方が利用する席なので、ベビー連れの時はおすすめできません。

自分席は確保が難しいので、やはり普通車の指定席を確保するのがベストと言えますね。

赤ちゃん連れで新幹線にのるとき便利なものは?


新幹線に乗ってしまうと、ベビーカーは使えません。もちろん、乗り降りするときも他のお客さんに迷惑がかかるので折りたたんだ状態で持ち込みましょう。

その時に必要なのが「抱っこ紐」です。これは必須ですね。また授乳用ケープや玩具もあると良いですね。

ぐずったとき用に好きなお菓子や飲み物も用意しておくと安心できます。普段はお菓子を我慢させているようなご家庭でも、公共交通である新幹線を利用する上では、周囲への配慮と思ってお菓子でグズリ対策をするのも致し方ないと思います。

まとめ

いかがでしたか?繁忙期など、どうしても予約がとれない場合を除き、できるだけ普通車の指定席の端を確保しましょう。

お金は多少かかりますが、2列の方の席を2つともおさえると余裕で座ることもできますし、席を立つときに隣の人に気を遣う必要も無くなります。

朝と夜のビジネスマンが多い時間を避け、ならべく平日の10時から15時までを狙うようにしましょう。

コメント