ローストビーフの中が赤い?!肉汁か赤い汁が出ても食中毒とか大丈夫なの?

レシピ・材料
スポンサーリンク

ローストビーフは牛肉をおいしくいただける調理方法の1つ!でも、自分で作るにはちょっとハードルが高い気がする……。

そんなハードルを乗り越えてローストビーフを作りました!

けれどそんな人達がよく襲われる不安はこの疑問達に集約されます。

「ローストビーフの中が赤い!」
「肉汁とか赤い汁が出てる!」

ローストビーフの中が赤いのは?

肉から出てくる液体は多くの場合、「血なのでは?」という印象が強いんですよね。

血がこんなに出るってことはもしかしてまだまだ生?食卓に出しても大丈夫かしら?

結論から言うと「全く問題なし!」です!

まず、ローストビーフは、中が赤いことが多い料理です。これ、料理の用語で「ロゼ」といいます。

ステーキのレアを思い出してみましょう。中身が赤くてなんだか生っぽいですよね。牛肉の場合、この状態で食べても全然大丈夫なのです。

なぜ、牛肉がちょっと生っぽくても大丈夫なのか?それは牛肉の内部には菌がいない、と言われているからです。

牛肉の場合は菌がついているのは表面です。内部には菌は繁殖しないんですね。牛肉は表面をじっくり焼けば、危険性は遥かに少ないのです。

おまけに寄生虫までいないので、意外と「生」で食したとしても問題ないようです。

牛肉はロゼの状態でOK

ロゼの話に戻りましょう。

ローストビーフのロゼは、ステーキのレアのようにギリギリ中身が生っぽい状態です。

・生焼けとロゼの境目は金属の串を刺してみて温かくなっているか。
・切った時に強いピンク色か。
この二つです。

串を刺して、実際に中の温度をどれくらいか調べたほうが確実な方法と言えますね。

ここからは肉汁の色や赤い汁について詳しく追っていきましょう!



ローストビーフの肉汁が赤いのは「血」なの?

ローストビーフを切った時に赤い肉汁が出てくることがあります。

もしかしてまだ生なのかもしれないし、食べても大丈夫なの?
と心配になってしまいますね。

特にローストビーフは、いつもより張り切って作ることも多い料理ですし、ダメになってしまうのだけは避けたいところ!

まずこれは血ではありません。これは肉汁です。もちろん食べても問題ありませんよ。

ローストビーフの赤い正体は・・・

正式名を「ミオグロビン」というたんぱく質の一つで、水分と一緒に出てくると血とそっくりに見えてしまうんです。

肉についた血は、市場に出る時に十分に拭き取られているので大丈夫。食べても栄養にも害にもなりません。

気になる場合は拭き取ってから食卓に出してくださいね。

ローストビーフから出る赤い汁。食中毒は大丈夫?

さて、ローストビーフから出る汁。もちろん生ではないので食中毒も心配いりません。

それでも、赤い汁がローストビーフから出ると不安になってしまうのは仕方のないこと。

なのでここでは赤い汁が出ないローストビーフの調理方法を見てみましょう。

ここで覚えておくべきことは1つ。赤い汁が出てくるのはベストな状態だということ。

ローストビーフは1時間程かけて冷ましてから食べる料理です。冷蔵庫などを使って落ち着かせ、きちんと冷ましてから切ると赤い汁も出てきません。

赤い汁が出てきた時は「ちょっと冷ます時間が足りないかな」という考え方で問題ないのです。

先ほど挙げた、生焼けとロゼの見分け方と合わせて冷ましていきましょう。

牛肉の中は菌がほぼいないので、肉の周りの部分にきちんと火を通すと更に安心ですね。

ローストビーフが赤くても大丈夫

ローストビーフの中が赤いのは、おいしくできあがっている証拠。
この中が赤い状態を「ロゼ」といい、ちゃんと火が通っている状態です。

生かロゼかを判断する、一番簡単な方法は串で肉の中まで刺して温度を確かめること。暖かければ火が通っている証拠です。

赤い汁が出てくるのはローストビーフの冷ましが十分ではないから。赤い汁にはたんぱく質が水に溶けていて、食べても特に意味はありません。

30分から1時間かけてしっかりと冷ましてから切ると赤い汁は出てきません。

愛情たっぷりの料理ですからきれいに仕上げて、おいしくたっぷり食べて欲しいですよね!

コメント