厄払いのお札を返納する方法。郵送はダメ?処分のしかたは?

行事・催事
スポンサーリンク

厄年に神社で厄払いのお札をいただいたら、厄年終えたときに返納するのが仕来りです。

しかし、遠方の神社の場合、直接返納をすることが難しい場合があります。かといって、自分で処分(捨てる)のは気が引けますよね。

そこで、厄払いなどのお札を返納する方法についてご紹介させていただきます。

厄年のお札、返納方法について

あなたは厄払いのお札をどのように手に入れましたか?
家の近くの神社で手に入れた人もいれば、厄払いだからといって遠方まで行った人もいるでしょう。

地元の神社であれば、初詣の際などに持参しましょう。境内に奉納する場所がありますので、そこに納めるのが理想です。

しかし、家から遠い神社で手に入れた場合、返納したくても時間がなくて行けないという問題が発生します。

そうした場合は、いただいた神社以外での返納も可能です。どちらの神社でも処分はしてくれます。

郵送で返納するのはあり?

しかし、そうは言ってもいただいた神社で返納したい人が多いと思います。そんな時はどのようにすれば良いのでしょうか?

実は、「郵送で返納する」という方法はアリなんです!

「え?郵送で取り扱ってくれるの?」と疑問に思う人も多いでしょうが、神社によっては郵送返納を許可してくれるところがあります。

自分の返納したい神社が郵送を取り扱っているかは、事前に確認しましょう。大きな神社の場合はHPがあると思うので、情報を見てみてください。

郵送で送る際の注意点など

郵送で返納するときは、封筒の表書きに「お焚き上げ希望」と書き、一筆添えることがマナーです。そのようにしてあると神社側も見て気持ちが良いと思います。



また、お守りだけ送る場合は普通郵便で良いですが、場合によってはお焚き上げ料が必要になることもあります。現金を送る際は、普通郵便では送れないので現金書留などを利用しましょう。

先程も述べましたが、お札の返納は郵送でも可能ですが、全ての神社で受け入れているわけでもありません。事前に電話かメールで確認をしてから送ってください。

お札を返納したあとの処分はどうなる?

さて、返納した後のお札の処分はどうなっているか気になったことはありますか?神社でどのように供養されているのか気になります。

なかなかこのような話題に触れることは少ないので、詳しい人でもいないとわからないですよね。そこで、気になって調べてみると。

返納後のお札はお焚き上げをして供養されるとのことです。

お焚き上げは通常1月15日頃に行われます。
地域で行われる「どんど焼き」と同じような意味を持ち、使われなくなったお札を供養するということですね。

雑に処分されず、きちんと供養されているようで安心しました。

処分せず残しているお札の処分は?

お札を供養しようとしても、タイミングがなく家に残っているせんか?

そうしたお札は年末の大掃除などで整理してみましょう。初詣やどんと祭などに神社返納すれば、きちんと供養してもらえます。

お札1つであっても普通に処分しても構わないという考えもありますが、きちんと供養する姿勢が日本人らしいと思います。

まとめ

古くなったお札はきちんと返納して供養してもらいましょう!
このような日本の文化をいつまでも大切にしていきたいですね。

コメント