窓ガラスが熱割れした!賃貸アパートや分譲マンションでの対処方法は?

住まい
スポンサーリンク

ある日ゴロゴロしていると、突然「バキンッ!」という凄まじい音。何事かと思って部屋を見回してみるとなんと窓ガラスが割れてる?!

なにかこの部屋であったのか。もしくは怪談のような現象?
不安になる心配はありません。実はこの現象、よくあることなんです。

というのも、誰かが悪いということではなくガラスの熱割れという科学的な理由です。

今回はその「熱割れ」ってどんな現象?に迫ります。

窓ガラスの熱割れとは?

ガラスの熱割れとは、直射日光等の熱で温められたガラスが膨らんで起こります。この時サッシは変形しません。

なので普通はサッシがガラスを抑えてくれるので何も起こりません。

でも、窓ガラスも年数が経ち古くなると、ガラスの耐久度が落ちてきます。窓ガラスが経年により劣化すると、自然とひび割れする確率が高くなるのです。

もちろん普通のガラスでも起きますが、古い建物の網入りガラスに起きやすいという特徴があります。一箇所もろくなると一気にガラスは割れてしまうわけです。

窓ガラスの熱割れって、どんな感じになるの?

しかし、窓ガラスが割れて、それが熱割れかどうか分からな人にいるでしょう。そこで、窓ガラスの熱割れとはどんな現象か知っておくとよいです。

窓ガラスが熱割れするときは、割れ方が特徴的でガラスのはしっこで割れ始め、うねうねと割れていきます。普通のガラスよりも、強化ガラスのほうが起きやすいという特徴があります。

窓ガラスに物をぶつけたりした場合は、通常は当たった点からクモの巣状に、外へ向かってヒビが走っています。この違い知っていれば、物が当たったりして割れたか、熱割れであるかを判断できるでしょう。

もし賃貸に住んでいて熱割れしたら?対処方法は?

賃貸で住んでいるアパートやマンションの場合、これって自分が修理代払わないのいけないのかな?そんな不安が出てきます。

でも熱割れに関しては、きちんと故意でないこと(自分が原因でないこと)を証明すれば、通常は修理費はかかりません。

何もしていないのにガラスが割れてしまったわけで、基本的には住人に責任はないと考えられます。

この場合、まず窓ガラスの不具合を見つけたらすぐに大家さんや管理会社へ報告することが鉄則。他の異常でもそうですが、大きな問題になる前に報告するのが無難です。

大家さんや管理人に連絡すると、この後に確認しに来るでしょう。この確認をきちんとしてもらうことが大切ですので、賃貸にお住まいの方は覚えておいてください。



分譲マンションに住んでいる場合の対処方法

分譲マンションにお住まいの場合、窓ガラスの熱割れが基本的に自己負担になります。

なぜならマンションでは共有部分でも所有者が修理する責任があるからです。何故かと言うと、窓ガラスは「専有使用権」というものがある部分だからです。

専有使用権とは、共用で利用してるものだけど、家の人が独占できる権利がある場所(部分)ということです。

わかりやすい例としては「ベランダ」の部分が良い例です。専有使用権の部分が修理が必要になったら独占できる人に責任があり、その人が修理もするという事になっています。

保険適用される場合もある

マンションの熱割れは、マンション組合で入っている火災保険が適用される場合があります。

ただ、マンションによって個別ルールがあるところもあります。管理組合の人に確認しておくと万が一のときにも安心です。

管理組合で共用部分にかけている火災保険や、マンションによっては「マンション保険」という保険に加入している場合もあるでしょう。

補償内容は各保険によってことなりますので、マンションの組合か管理会社へ問い合わせてみるとよいでしょう。

また、専有部分について個人で入っている火災保険があれば、こちらにも確認してみましょう。

まとめ

窓ガラスの熱割れという現象を初めて知って、この記事をご覧になった方も多いでしょう。

要は窓ガラスが自然と割れてしまった場合は、古くなったことが原因で割れてしまう可能性があるのです。

賃貸の場合は早めに報告して、自分の責任でいことを主張し、修理してもらうように依頼しましょう。

コメント