栗の皮のむき方、名前と冷凍する方法で剥きやすくなります。

レシピ・材料
スポンサーリンク

自分でお料理する方だと、栗のアレンジレシピにも挑戦してみたくなる時期です。

でも、料理中に「栗の皮をむく」のに一苦労じゃありませんか?皮むきされえ簡単に済ませられれば、栗料理の手間が省けますよね。

この記事では、「栗の皮のむき方」についてご紹介させていただきます。記事を読んでいただければ、栗の皮むきが楽になると思いますので、ぜひ最後までお読みください。

栗の皮の内側と外側の名前をそれぞれ覚えよう!

秋の味覚の1つ、「栗」を使ったレシピにもいろいろあります。

お料理や炊き込みご飯、スイーツの素材としても利用さえれるなど、秋になると栗料理がたくさん出てきます。
栗ご飯に栗きんとんなど、栗料理は美味しいものばかりですよね。

ここでは、いつか役に立つかもしれない栗にまつわる知識をご説明します。

あなたは栗の皮にどのような印象をお持ちですか?おそらく「硬くてむきづらい」、「手を傷つけてしまいそう」などのイメージも持っていることでしょう。

筆者も、栗の皮にはむきづらい印象を持っているので、なるべくむきたくないと思ってしまいます。

そんな厄介な栗の皮ですが、内側と外側にそれぞれ名前があることをご存知ですか?

「え?どっちも同じじゃないの?」と思われるかもしれません。なかなか見分けのつきにくい栗の皮の表裏ですが、実はそれぞれ名前が異なるのです。

栗の皮にもちゃんと名前がある

具体的には、外側を「鬼皮」、内側を「渋皮」と言います。外側の方がなんだか強そうな名前ですね。

実際に栗の皮の外側は硬くてむきづらいので、そのような意味でも鬼皮という名前がふさわしいような気がします。

特徴としては、渋皮の方が栄養が含まれています。

そのため、栗の渋皮煮といった料理もあるぐらいです。美味しい部分なので残しておきたい気もしますね。

しかし、そのような渋皮に辿り着くまでには鬼皮をむかなければなりません。まさに鬼のような硬さの鬼皮と言っても良いでしょう。

栗を料理するのにも一手間かかりますが、鬼皮と渋皮の名前は覚えておいて損はありません。渋皮は料理にも使えるのでぜひ押さえておきましょう。

スポンサーリンク

栗の皮むきを簡単にするには冷凍が重要なキーになる!

ここまでは栗の皮の内外の名前をご紹介させていただきましたが、鬼皮は鬼のようにむきづらいことがわかっていただけたと思います。

そこで気になるのが、カンタンにできる栗の皮のむきやすい方法ですよね。このコツで楽々クリアできるはずです!

栗の皮むき方法にはいくつか方法がありますが、なかでも一番やりやすいのは栗を冷凍することです。

「冷凍したら余計にむきにくいのでは!?」とツッコミを入れたそこのあなた!その感覚は決して間違っていません!

筆者もその方法を聞いた時には、冷凍をするとカチコチになるので余計にむきづらくなると思いました。

しかし、冷凍こそが栗をむきやすくするのです!ポイントは栗を3分ほど茹でてから冷凍をすると良いでしょう。

冷凍した栗を解凍後に、包丁で鬼皮をむくとあら不思議!一緒に渋皮もむけてしまうのです。あれだけ手こずっていた栗の皮むきがいともスムーズに出来るので驚かれるでしょう。

筆者も半信半疑でやってみましたが、スルスルと栗の皮がむけるので非常にびっくりしました。

栗の実の取り出し方は?

また、冷凍した栗を5分ほど解凍してから2つ切りにして押すと栗の実を綺麗に切り出すことができます。

今までよりも簡単に栗の皮むきができそうですね!特に皮むきが苦手な人にはおすすめです。

皮をむくだけで料理が嫌になってしまった経験があると思いますが、この方法を使えば簡単に栗の皮むきができるので、ぜひやってみてください。

まとめ

この記事では、「栗の皮のむき方」についてご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

栗には内側の渋皮と外側の鬼皮があります。鬼皮は硬くてむきづらい部分ですが、栗を茹でて冷凍するとむくのが楽になります。

冷凍するとカチコチになるイメージがありますが、予想に反してスムーズにむけるようになるのですね。
あなたもぜひ試してみてください。