くびれを作る方法はこんなに簡単だった!筋肉とストレッチでお腹スッキリ

ダイエット
スポンサーリンク

太りやすい体質の私、一番気になる部位はお腹周りやウエストの太さです。

簡単にくびれができる方法がないかな~と探していたら、筋肉とストレッチで対策する方法が見つかりました!

くびれを作る簡単な方法とは?

全身を鏡で見ると、くびれがない!そんな悩みがず~と続いてます(汗)

でもだからといって毎日運動するのはつらいし、
運動はすぐに挫折しちゃう。

そのストレスからまた食べて、の繰り返し。
要するにダイエットがさらにストレスになってしまうという悪循環です。

でも、ウエストの「くびれ」実は簡単に作れてしまうのです!

そんなこといって、ストレッチなんて効果が無いじゃない
という人もいるでしょう。

でもストレッチの様な軽い運動でも
コツやポイントさえ抑えてしまえば簡単にくびれが作れます!

それではそんな、くびれを作るコツと
コツをいかした運動方法を見ていきましょう!

くびれを作る筋肉の鍛え方2つのコツ

くびれと言われる部分に使う筋肉があります。

え?お腹のお肉じゃないの?と思いますが
お腹の筋肉にも三種類があるんです。

まずお腹の正面にある、腹直筋
次にお腹の斜めにある、腹斜筋
最後にお腹の横にある、腹横筋

で、普段鍛えている腹筋は
お腹の正面にある腹直筋だけなのです。

何がちがうのか?

筋肉でお腹が六つに割れている人がいますよね?
そういう人のお腹は腹直筋が非常に鍛えられているお腹なんです。

でもくびれは正面にはありません。
体の横にあります。
なので正面を鍛えてもくびれはできません。

そう、くびれを作るには
腹斜筋と腹横筋の2つの方を鍛えないとダメなのです。

もちろんお腹を割りたい人は、直筋も大事です。

具体的には腹斜筋はひねり
腹横筋は体を支えて安定させる筋肉です。

この筋肉を鍛えるには2つのコツがあります。

腹斜筋と腹横筋の鍛え方

1つはこの筋肉をきちんと意識して体を動かすこと。
どの筋肉も意識を持って動かすことで、きちんと鍛えられます。

2つは少しでもちゃんと続けること。
筋肉を作るには、小さな一歩一歩が大事です!

スポンサーリンク

くびれを作る方法といえばストレッチが定番!

さて筋トレしよう!
という簡単な気持ちでやるには
筋トレはちょっとハードル高めです。

なのでもっと簡単にくびれを作れる
ストレッチを続けることから始めましょう!

ストレッチの良いところは
家の中でも、いつでも出来る
これに限ります。

寝る前の布団の上で少し体を動かすのも効果的です。

やり方はいくつがありますが、まずひねる運動が効果を期待できます。

立った状態や座った状態、横になった状態でできます。
基本はまっすぐな姿勢をとって
おへその部分を中心にして腰を回すだけです!

この時上半身を動かさないように動かします。
どの姿勢のときもこれは変わりません。

やり方を間違えると効果は出ないので注意しましょう。

フラフープを使うときのように腰を回すのもだいじょうぶ!

くびれができる簡単な運動とは?


簡単にできる方法では、腕を振る運動もあります。

これはちょっと買い物や仕事に行く時に歩く時
大きめに振るのがポイントです。
大ぶりを意識するとやりやすいです。

また、器具を使う簡単な運動方法もあります。

しかし器具を買って満足してしまうという危険を考えると
あまり器具を頼ろうとは思わない方がいいでしょう。

器具を買うのにおすすめできない理由はもう一つ。

教室やトレーニングで日常的に筋トレしてる人以外
つまりわたしたちが使うには
器具は難しすぎることがほとんどだからです。

基本の筋力がなければ使うこともできない!
と覚えておきましょう。

まとめ

くびれはポイントを抑えて、ちゃんと筋肉を動かす!

これが最大のポイントです。
そして少しでも良いからきちんと続けましょう。
毎日5回でも、10日やれば50回!

あとはこまめにやることで、体に動きがなれてきます。
動きが癖になっていいかもしれませんよ。

コメント