勤労感謝の日に休んでいいの?ホントは何する日?

スポンサーリンク

「勤労感謝の日」といえば11月23日、勤労している人に感謝する日です。勤労している人には祭日ですので仕事はお休みですが、休める気配が全くない!なんて人も・・・。

そもそも、勤労感謝の日は働いている人に感謝する日、となっています。でも実は勤労感謝の日の意味は、元々今とは違っているのです!

勤労感謝の日とは?

「祝日法」という国民の祝日を決めている法律では、祝日のそれぞれの意味が書かれています。

その中にある「勤労感謝の日」をみてみると、
「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」

そう、勤労をたつとぶ(=尊ぶ)のであって、勤労者をたつとぶのでは無いんです!

もちろん働いている人たちに感謝の気持ちを持つことこれは非常に大切です。働いてくれる人がいるから利用できる場所がたくさんあるのですから。

でもやっぱり納得いかない……仕事ができることに感謝するなんて響きはいいけど休日なのにサービス業で休めないなんて……。

結局はお休みしていいんじゃないの?、そもそも何をしたらいいの!?そんな疑問をここでは解消していきましょう。

「勤労感謝の日」はお休みして良い日!?

「勤労感謝の日」は一般企業の人のお休みが多くなっています。そして祝日として法律的な部分で国民の休日ともなっているため

結論から言えばお休みしていい日、ということにもなります。一方で、勤労感謝の日のお休みに関する本当の意味は更に深いところにあるの知っていますか?

勤労感謝の日の大元はとても大事な神事と結び付いているんですよ!



「勤労感謝の日」とは何をする日なのか再確認しよう!

勤労感謝の日そのものは「新嘗祭」という神事が大元になっています。新嘗祭は天皇が皇室に伝わっている重要な神道の儀式を執り行うお祭りです。

公開されていませんし、名前だけなら知っている方も多くいるのではないでしょうか。

日本は農業国家なので「豊穣を神に感謝し翌年の豊穣を祈る」という儀式を日本の長である天皇が執り行うのです。この儀式はすでに大昔の「日本書紀」にて642年11月16日に執り行われていた記録が残されています。

つまり大昔から天皇の祭祀を国民は一緒に祝っていたんですね。だからこの日は元々祝日だったのです。

しかし第二次大戦後、天皇の祭祀など天皇の影響を国民が受けることをGHQは快く思っていなかったので新嘗祭から「勤労感謝の日」と名前を改めさせ、11月23日に改めてお休みとなったのです。

つまりどういうことかというと、元々は神様に収穫を感謝する日で、後々に働いているひとに感謝をする日へと変化していたわけです。

つまり勤労感謝の日は天皇の神への感謝を一緒にお祝いしていた名残、というわけですね。そのため今と昔で相手は違えど物事に感謝をする為の日なのです。

ちなみに、天皇に関する休日はハッピーマンデー制度が反映されていないんですって。もし週中に休みがあったらどこかで神事や天皇縁の何かがある日ということです。

まとめ

勤労感謝の日は働いてくれている人やお仕事があることに感謝する日です。

というのは元々天皇が新嘗祭にて神様に豊穣を感謝したお祀りを行なう日で、日本国民は天皇と共に神さまに感謝をする祝日だったのです。

そんな感謝の日でしたが、天皇と国民の生活が直結していることを好まなかったGHQは祝日の意味を変え別のお休みの日として現在の様に意味を変えたのでした。

そうしたことから、現在は働いている人や仕事に感謝する休日になりました。形は違えど、仕事があり食べられることに感謝する日、なんですね。

そう考えると、仕事を尊ぶ日であるのも納得いくのではないでしょうか?

勤労感謝の日はいつも働いてくれる家族やパートナーに贈り物と感謝のメッセージを送ってみると一味違う休日になりますよ。

そして勤労感謝の日には働いている人に一言「ありがとう」を言うことで感謝を伝えてみてもいいかもしれませんね。

コメント