毛虫の駆除、お隣の家の場合はどうする?ご近所トラブルと対処法

住まい
スポンサーリンク

隣の家の庭に大きな柿の木があるのですが、そこの毛虫がたくさんついてます。我が家の軒先に、木の枝が張り出しているものですから、時折その毛虫が入ってきて気持ち悪いです…( ;∀;)

もし、お隣の家の木に毛虫を発見したら、どうしたらいいでしょうか?お隣の家の木になると伝えづらいですし、ご近所トラブルはなるべく避けたいです。良い対処法があれば教えてください!

庭の木の毛虫はご近所とのトラブルになることは?

「虫」を巡る問題は、けっこうご近所トラブルになりがちです。特に毛虫は嫌いな人が多いので、トラブルの引き金になってしまうことも多々あります。

お隣の家に毛虫が住み着いていたら、嫌な気分になりますよね。もしくは、駆除したいと考えるでしょう。

しかし、毛虫の駆除にはきちんとした信頼関係を築いておかないとご近所との仲が悪くなる可能性があります。

このような事例がありました。

毛虫でトラブルになった実話

花が好きで定年後に育てていたAさん。ある日、お隣の家に毛虫が大量発生していることに気づきました。

Aさんは、「家の花が毛虫に駆逐されてはならない」と考え、すぐさまお隣の家に毛虫の駆除方法を伝えに行きました。お隣の家は、Aさんに言われたとおりに毛虫の駆除を始めたそうです。

しかし翌日、Aさんがいつものように花の手入れをしようとすると、なんとお隣の家の毛虫が育てている花についているのを見つけてしまいました。Aさんは激怒して、お隣の家に文句を言いに行きました。

お隣の家は教えてもらったとおりに駆除をしたそうですが、方法を少し取り違えていたそうですが、Aさんが凄い剣幕で怒ってきたので驚いてしまったそうです。

それ以降、お隣の家はAさんの悪口を他のご近所さんに言いふらし、Aさんの家の評判が悪くなってしまったとか。

これは一例ですが、毛虫のトラブルでご近所付き合いが悪くなることは珍しくありません。その地域にずっと住んでいる人にとっては、慎重に伝えなければなりません。

なぜなら、ご近所付き合いはその土地に長く住んでいる人が有利になるので、関係を壊さないためです。古くからの住民とのトラブルは、その地域に住みづらくなるのでなるべく避けたいですよね。

そのようなトラブルを起こさないために、地域ぐるみで毛虫が住みつかない環境を作る必要があります。

スポンサーリンク

毛虫が住みづらい環境を作る!植木職人も実践する3つの対策

それでは、実際に毛虫が住みつかない環境はどのようにすれば作れるのでしょうか?

植木屋さんも実践している対策方法でしたら、本当に毛虫を駆除できそうな気がしますよね。

以下では、対策方法を3つご紹介させていただきます。

1.薬剤を撒く

毛虫の駆除方法としては最もポピュラーなものです。宅街ですと、よく住民が薬剤を撒いている光景を目にするでしょう。

薬剤ですと簡単に毛虫を駆除することができますが、使用時には必ずご近所さんに一声かけるようにしましょう。なぜなら、匂いで苦情が来る可能性があるからです。

2.殺虫剤を使用する

毛虫駆除用殺虫剤は、植木屋さんもよく使用しています。簡単に手に入れることができるので、おすすめの駆除方法です。

使い方は、殺虫剤を直接毛虫に墳霧します。その勢いで毒針毛が飛散し、毛虫が暴れて地面に落ちるのです。

殺虫剤の匂いは残るので、しばらくの間は毛虫が近寄らなくなるでしょう。毛虫の住みつかない環境作りにはもってこいです。

3.お湯を使用する

毛虫は50℃以上のお湯をかけられるとタンパク質が変性して生命維持が難しくなります。その性質を利用して、毛虫を駆除しましょう。

お湯でしたら、匂いがないのでご近所さんに迷惑をかけることもありません。毛虫が発生したら頻繁にお湯をかけることにより、発生頻度を減らすこともできます。

まとめ

この記事では、「毛虫トラブルと対策方法」についてご紹介させていただきました。

庭の木に住みついた毛虫は、しばしばご近所トラブルのもとになります。友好な関係を築いていたのに、毛虫のせいで仲が悪くなってしまったら嫌ですよね。

そんな毛虫を駆除するには、薬剤や殺虫剤、お湯をかける方法があります。毛虫トラブルで悩む前に、ぜひ実践してみてください。

コメント