加藤神社(熊本)熊本城復興も見られる、加藤清正のご利益ある

熊本県
スポンサーリンク

加藤神社とは?

熊本城内に鎮座する加藤神社。熊本城城主・加藤清正を祀っており、地元民からは「清正公(せいしょこ)さん」と呼ばれ親しまれています。

熊本地震の影響で現在立ち入りが禁じられている熊本城を近くで見ることができる、唯一無二の近望の名所です。

熊本城が復興していく姿を、目に見える形で感じられるのは、ある意味この加藤神社かもしれません。

加藤神社の見どころ

境内には加藤清正に深く関わりのあるものも多く存在しております。

清正公が文禄の役の際、記念に持ち帰り帰国後橋づくりの原型にもなった太鼓橋、熊本三大手水鉢と言われる大手水鉢、文禄の役の記念として、明治42年肥前名護屋城から移した清正公の旗立石などが現存している。

写真撮影のロケーションにも最適

雑誌などでもよく取り上げられており、結婚式の前撮り写真や七五三の写真など、最高のロケーションとして地元でも貴重な場所です。

風景や建物の被写体として、また熊本復興を感じられる対象としても注目されています。

場所・アクセス・行き方


場所:熊本県熊本市本丸(熊本市本丸二番一号)
交通アクセス:現在は災復旧工事のため、市役所側(行幸坂)は通行止めになっています。行く際は北側、京町方面から。
電車の場合は、JR熊本駅から路面電車に乗り「熊本城市役所前」電停で下車、徒歩約9分。運賃は大人170円、小児90円の均一運賃。
JR熊本駅から熊本城周遊バス「しろめぐりん」に乗る場合だと、「熊本城・二の丸駐車場」バス停で下車、徒歩約10分程度。運賃は大人150円、小児80円の均一運賃。熊本城周遊バス1日乗車券は大人400円、小児200円となっている。

車の場合は、九州自動車道・熊本ICを下車、所要時間は約30分、熊本城・市役所方面に向かう。
駐車場は境内にもあるが、満車の場合は二の丸駐車場も利用できる。

スポンサーリンク

桜の馬場城彩苑もご覧ください

加藤神社周辺には「桜の馬場城彩苑」という観光施設もあり、一日中楽しむことも可能。

城彩苑にはお食事処、お土産屋さん、なりきり体験や文化歴史を学ぶことができる施設・熊本城ミュージアムわくわく座などが充実しています。

お食事処では熊本の郷土料理や赤牛丼、天草の海鮮丼も食べることができます。名物の馬肉コロッケやうにコロッケ、ちくわサラダやいきなり団子など、食べ歩きをするのもおすすめの名物グルメがいろいろ味わえます。

おすすめはソフトクーム!

中でも私がおすすめしたいのが、阿蘇高菜のお店・菊屋さんの「阿蘇のこだわり牛乳ソフト」です。本当においしいのでおすすめ。

値段は300円、とてもお手頃で一度食べたら二度と忘れられないほど美味しいソフトクリームです。

その他、お土産品も充実しています。

熊本銘菓の陣太鼓、馬刺し、からしレンコン、山うにとうふ、デコポンゼリーなど、熊本のお土産をこの城彩苑で網羅していますよ。

熊本城おもてなし武将隊

またステージイベントも毎日行われています。熊本城おもてなし武将隊の演舞が午前は11:30から、午後は14:30から開催。

生で見る圧巻の武将演舞は迫力満点。一転してトークの時間になると、武将たちの個性が炸裂する面白さです。そのギャップがおもしろいため、コアなファンもかなりいるとか。一眼レフカメラを構えるファンも多いですよ。

午後は15:30まで城彩苑内を武将たちが練り歩くので、話をしたり、一緒に写真を撮ることもできる。

コメント