加湿器にカビが!ピンクや黒い汚れの除去や掃除キレイにする方法

スポンサーリンク

そろそろ加湿器の出番。オフィスや自宅にある加湿器を久々に取り出すと・・・え~なにこれ!

そう、加湿器にカビが・・・( ;∀;)
収納前に水分をしっかり取っていなかったり、きれいに洗えていない時はカビやぬめりが出てきます。

カビは見た目もよろしくありませんが、それ以上にカラダ(健康上)にもよくありません。加湿器のカビや汚れはすぐに掃除・除去しましょう!

加湿器に生えたカビの除去方法

では実際に加湿器のカビをお掃除で取っていきましょう!

掃除方法としては、フィルターやタンクをクエン酸やエタノール、専用石鹸を使い洗浄していきます。

まずはキッチンまたは加湿機専用の塩素漂白剤を薄めてから、水拭きで利用します。きれいな布に液体を染み込ませて拭き取ります。

漂白剤が使えない場合は加湿器のお掃除用洗剤や消毒用エタノール、クエン酸を使うという裏ワザもあります。

どの方法も水で薄め、絶対に他の洗剤などと混ぜてはいけません!有毒ガスで大変なことになります!

メーカーや機種によりフィルターやタンクの位置などが若干異なります、が大体同じ方法で掃除できます。

カビ臭さが気になるときは?

カビの臭いが気になる場合は、重曹を大四杯とぬるま湯(1リットル)をよく混ぜたものにつけ置きします。

最後に掃除が終わったら水でしっかりと洗い流すことがポイント!

洗剤の成分が残っていると、新しいカビの原因や加湿器の故障の原因となります。さらに、完全に乾燥させてから収納するようにします。

カビを発生させない加湿器の使用方法

加湿器を使う上で、カビを発生させないための方法です。

もっとも簡単な予防方法としては、「水をこまめに取り替える」ことと「水道水を使う」ことです。
水道水には少し塩素が入っていますよね。この塩素が、加湿器の消毒も兼ねることができます。

また、取扱説明書をキチンと読み、正しい使用方法を守ることも大切です。

それと繰り返しになりますが、こまめに掃除することが重要。毎日洗うのは必須で、使用後には洗剤で掃除し、乾燥させましょう。

カビの種類や怖さを知っておこう

では、再びカビを発生させないために、カビの種類や注意点などを知っておきましょう。

ピンクのカビと黒いカビが!どう違うの?

加湿器のフィルターに黒いものがついていませんか?この黒いものが「カビ」です。言うまでもなく体に良くないものなのですぐにカビを除去する必要があります。

加湿器の部品の継ぎ目などがピンク色になっていることがあります。何なのでしょう?こちらはカビとはちょっと違っています。大体がヌルヌルしているのが特徴。

これは「セラチア菌」という名前の菌です。土の中や水の中、動物にもいます。普段はそんなに強い毒性はありません。

でも病院やホームなど、ちょっと体の調子が悪い方や病気で衰弱している場合、免疫の低い人や老人・子供に感染しやすいことがあります。いわゆる院内感染の原因ともなる菌ですので油断は禁物です。

もう一つ、「ロドトルラ」という名前のもいます。こちらはやや赤みが強く、風呂場に多く発生します。加湿器にいることは少なく毒性もほとんどありませんが、こういう菌も存在するのを知っておいてください。

いずれにしても、こうした雑菌類が発生していたら即座に清掃を行い、カビが増殖するのを防ぎましょう。

加湿器病とは?

カビ自体がアレルギーの原因になることもあり、現在は「加湿器病」という病気もある程です。

加湿器病とは、雑菌を強く持つ加湿器の空気で咳や発熱の症状が出ることもある病気です。ひどくなると胸の痛みや呼吸困難の危険もあります。特に症状が出やすい赤ちゃんやお子さんのいるお家では十分注意が必要です。

カビ菌で気管支や鼻炎に関する病気も多くありますので、やはり除湿機の掃除をしっかり行い、清潔な状態を保つことが大切です。

まとめ

健康維持や美容のために加湿器を使用しても、カビがある状態では逆に不健康になってしまいます。

カビは発生しやすいですので、日頃のメンテナンスを怠らないようにしましょう。

コメント