海外で治安が良い国はどこ?逆に治安が悪い国は?【体験談あり】

旅行
スポンサーリンク

海外旅行に行きたい!どこの国がいいかな~、って時、気がかりなのはその国の「治安」ですよね。
特に初めて海外旅行に行く人は、安全な国を選ぶことが無難です。

日本とは勝手が違う国が多いですが、安全面が一番気になるところでしょう。国によって治安の良し悪しに差があるので、渡航する前に調べておくことが必要です。

海外で治安が悪い国ってどこ?体験談あり

まず、治安が悪いといわれる国を紹介したいと思います。海外旅行には楽しいイメージがありますが、必ずしも良いことばかりだけではないのが実情です。

初めて海外旅行に行く人は、海外で怖い思いをすることが不安かもしれませんね。
そこで、世界一周旅行経験者による「治安の悪い国で経験した恐ろしいエピソード」を聞いたものをまとめてみました。

1.キューバ

経験者は、キューバで首締め強盗に遭ったそうです。ただでさえ怖い話なのに、それが海外で起こった出来事となるとどう逃げれば良いかわからなくなりそうですよね。

22時頃に出歩いていると、男性4人組に話しかけられ、少し仲良く話しているといきなり後ろから首を絞められて、ポケットの中に入っていた所持金を奪って逃走したのだとか…。しかも、現金も奪われてしまったので、その後のキューバ旅行に苦労したそうです。

聞いているだけで恐ろしいですよね。

まして、自分がこの状況に陥ったら手も足も出ないだろうと思いました。キューバは親切な人が多いと聞くので心を許してしまったのでしょう。

しかし外国であることには変わりがないので、一見親切そうな人でも十分警戒することは必要ですね。

2.ベネズエラ

ベネズエラは「世界一治安が悪い国」という異名が付いてしまうほど、治安が不安定な国として有名です。

具体的には、殺人事件の発生率が高いことが挙げられます。偶然旅行に行って事件に巻き込まれたらと思うと恐ろしいですよね。

ベネズエラへの旅行経験者の話によると、カラカスでひったくり強盗に襲われかけてしまったことがあったそうです。カラカスというと、ベネズエラでも随一の治安が悪い地域なので、昼夜問わず注意が必要です。

経験者も、昼で治安が良いとされる地域にいてひったくりに襲われかけたというので、滞在中は常に警戒心を持たないといけませんね。

以上、治安の悪い国で起こった恐ろしいエピソードを2つご紹介させていただきました。

人身に関わる事件が頻発してるとか、命の危険もあるなど治安の悪さも日本とはレベルが違います。渡航する際には十分に情報を収集するようにしましょう。

スポンサーリンク

海外で治安が良い国はどこ?

次は、怖くなかった!海外旅行で治安のいい国を訪れて楽しい思い出ができた人の体験談などお伝えします。

一般的には海外旅行は楽しいことが多いです。日本とは異なる文化に触れる良い機会にもなりますよね。
治安の良い国を訪れて素敵な思い出ができた人の体験談を参考に、旅行先を検討してみてくださいね。

今回ご紹介させていただくのは、筆者の友人がポルトガルに旅行をした時の体験談です。

ポルトガルは一見治安が悪そうに見えますが、実は治安が良くて有名です。ポルトガル人は親切な人が多いので、道案内なども快くしてくれたそうです。その話を聞いてポルトガルのイメージが変わりました。

友人はリスボンを観光したのですが、街並みが綺麗で食べ物が美味しかったと言っていました。リスボンは都会の雰囲気を醸し出したオシャレな街で、特に女性には人気です。買い物にも困らず、リスボンで何でも買えるので便利だと言っていました。

このような体験談を聞くと、海外に行きたくなってきますね!

まとめ

この記事では、「海外の治安の良し悪し」をご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

国によっても治安の良し悪しが異なるので、渡航前には状況を調べておくと良いと思います。
あなたも海外旅行を経験して、楽しい思い出を作りましょう!

コメント