鏡餅の飾りと作り方。橙(だいだい)・半紙の折り方も解説

お正月
スポンサーリンク

お正月に飾る鏡餅。最近では鏡餅と半紙がセットになっている便利なものがスーパーなどで売っているため、購入して置くだけのことが多くなりました。

そこで、今年は自分で作ることは出来るのかな?と思い、調べてみることにしました。

鏡餅の材料を揃えてみよう!

まず、鏡餅の由来を理解しておきましょう。

まず形についてですが、鏡餅の丸型は、昔の鏡の形が丸かったことからきています。鏡は「三種の神器」の一つとして神様が宿るとされており、神事に用いられていました。

そこから、鏡に似せたお餅を飾って、神様とともに新しい年をお迎えし、祝う、という習慣が生まれたのです。

鏡餅が二段になっているのは、「円満に年を重ねる」という意味があるそうです。鏡餅は、神様へのお供え物の一種なのです。

鏡餅の作り方をカンタンに!

さて、鏡餅の作り方ですが、お椀やどんぶりなどの丸い容器とサランラップがあれば、簡単に作れます。

お椀にサランラップをぴったり敷いて、その中に炊きたてのお餅を入れます。冷めるまでそのまま放置しておき、冷めたらお椀とサランラップから、お餅を取り出して出来上がりです!

思っていたよりも簡単に出来ちゃうんですね~(^^)
参考にしたこちらのサイトに他にも作り方が色々と載っていますので、気になる方は一度覗いてみてください♪

料理レシピで超有名な「クックパッド」から!
URL:https://cookpad.com/

他にも、普段お餅そのものを作らない私のような人にも簡単に出来る作り方が載っています。

切り餅を使って作る作り方。
URL:https://cookpad.com/recipe/4865470

これであれば、より簡単に作れちゃいますね♪

お餅じゃない鏡餅?

思わず感心したのは、お餅ではなく、白いプリンやケーキなどを鏡餅に似せて作っているレシピがありました。

昔からの鏡餅の由来には反してしまうのかもしれませんが、ご家庭それぞれのオリジナリティがあって、とても素晴らしいアイデアだと思いました。特にお子さんは喜びそうですよね♪

スポンサーリンク

橙はミカンで代用しても良い?

鏡餅の上に乗せる橙ですが、これには子孫繁栄の願いが込められています。

昔は橙そのものを乗せていましたが、今はミカンで代用されることが主流のようです。

鏡餅は飾る時期にも注意!

鏡餅を飾るのは、一般的に12/28とされています。そして下げるのは1/11とされています。

この日は、1のゾロ目で縁起が良いとされているからです。

下げる日を「鏡開き」と言いますね。下げたお餅は必ず「割って」食べるのが習わしです。「切る」ことは、縁起が悪いとされています。

割ったお餅は、家族みんなで食べるのが良いとされています。お汁粉や揚げ餅など、様々にアレンジして美味しくいただくことができますよ。

ちょっとのカビは大丈夫?

なお、昔は「青カビなら食べても大丈夫」なんて聞いたこともありますが、ちょっと注意が必要です。

もし、カビが生えていた場合はどんなカビであれ表面だけでは無く、広範囲をしっかり削り取ってから食べてくださいね。

鏡餅の半紙の折り方は動画をチェック!

さて、鏡餅を作ったら、次は下に敷く半紙を用意しましょう。

ところで、半紙の折り方、分かりますか?
キチンと知ってるよ!という人は、なかなか少ないのではないでしょうか。

鏡餅の下に敷く半紙のことを「四方紅」といいます。
四方の4辺が赤く縁取りされている紙のことで、1年の繁栄を願う意味が込められています。

もし四方紅が無ければ、普通の半紙を正方形に切って使用してもOKです。

折り方を分かりやすく動画にしたものがこちらになりますので参考にしてみてください(^^)
(ユーチューブ)
URL:https://youtu.be/ebztStJNhxY

ここまで出来たら完成です☆

飾る場所は?

鏡餅を飾る場所は、基本的にどこでも大丈夫です。

床の間、台所、玄関、お仏壇など、その家にとって大切な場所に飾るのが良いでしょう。

鏡餅は日本古来からの大切な風習

今は、鏡餅を飾らないご家庭も増えていると聞きますが、鏡餅に込められた由来を知ることで、改めて日本古来の風習を大切にしたいなと感じました。

自分で簡単に作ることもできるので、今年の年末はぜひ、家族の健康を願って鏡餅を飾りましょう。

コメント