鏡餅はいつ飾る?いつ下げる?いつ食べる?お正月の常識

お正月
スポンサーリンク

鏡餅はいつ飾る?いつ下げる?いつ食べる?コレが正解!お正月の常識

お正月といえば鏡餅!
お家のどこかしらに置いてなんとなく見ている人も多いのではないでしょうか?

でも詳しいルールを聞かれるとしっかり答えられる人も一定数以上います。本当に自然に置いてあることで割って食べるくらいの知識の人もいる模様・・・。

では、鏡餅の飾り方について、基本のルールをまず見てみましょう。

鏡餅の飾り方、取扱などの基本

鏡餅は、というより正月飾りは12月26日から28日の間に準備して飾ります。

特に、28日は末広がりの「8」に当たるとして、8の付く日に飾る人も多いようです。

下げる日と食べる日は同じで、この日を「鏡開き」といいます。

ですが、この鏡開きの日は実はちゃんと決まってません。一般的に「1月11日」が知られていますが、土地の風習で、全く違う日に鏡開きを行なうこともあります。

逆に言えば、特に指定がなければ一般の鏡開きである1月11日で問題は無いようですよ。

地方で異なりますが、多くの場所でのお正月(松の内)は1月7日まで。(一部は1月15日)

1月11日はこの松の内の数日後なので、、一番自然な日にちでもありますね。1月15日まで松の内の地域では1月20日に鏡開きを行なうことになります。

ここでは鏡餅を下げる時期といつ食べるのかについて詳しく見ていきましょう!

正月の鏡餅はいつ飾って、いつ下げるのが正解?

お正月の鏡餅は、12月の26日から28日の間に遅くても30日には飾り終えましょう。

25日はクリスマスもありますしちょっと早いですよね。29日は苦餅(苦持ち)といって二重苦に通じるので避けられます。

また31日も1夜飾りといって、」門松などと同じく一夜飾りとして好まれません。(お葬式の飾りと同じなんです)
他にも31日の早朝にはすでに新しい年神様が来ているから、ともいいます。

下げる場合は1月11日の鏡開きの時に下げます。
地域によっては15日の場合もあります。

下げる時の日にちは地域によっても変わってくるので、不安な場合は確認しておきましょう。



鏡餅はいつ食べる?鏡開きの日は?


鏡餅は、供えて食べるまでがセット!お餅をついて神様にお供えした後はそのまま鏡開きをします。

鏡開きにお供え物をを下げて、そのまま食べることに意味があります。穀物の神様へのお供えを頂くことで
「無病息災」「健康長寿」「子孫繁栄」といった神様のご利益を得ることができるんですね。

鏡開きにももちろんマナーがあります。
まず三が日や松の内(多くが7日)が終わるまでは鏡開きをしません。

松の内までは年神様がいらっしゃり、感謝と敬意を込めてお供えしているもの。
早めに下げてしまうと、神様にちょっと失礼になります。

それからお餅に刃物は使わないこと。これは白いお餅が重なっている見た目が人の腹に似ていることからも刃物で切ることで、切腹を連想してしまうから。

木槌で砕くのがいいのですが、砕けない時は柔らかくなるまで水につけてから電子レンジで温めます。こうすることで手でもちぎることができるようになるんですね。

地方によって異なる部分もありますので、地元の方に聞いてみるのもよいですね。

便利なグッズも活用次第

最近は小さいパックのお餅が入った割らなくてもいい鏡餅も売られています。

鏡餅は多くの場合、お雑煮やおしるこ定番のお餅になることが多いのですが、特に「これだけは!」という料理は存在していません。

なのでお好みの味をつけるもよし、グラタンやピザのような未知の味を探求するも楽しいかも知れません。自分のお好みの方法でお餅を食べましょう!

まとめ

鏡餅は12月26日から28日、もしくは30日に飾ります。これは29日と31日のそれぞれの縁起が良くないため一般的に避けられているためです。

鏡餅を下げるのは松の内が過ぎてから。一般的には1月11日ですが場所によっては15日の事もあります。

鏡餅を下げる時は鏡餅を砕いて食べるまでが大体の流れです(これを鏡開きといいます)。鏡開きのお餅を食べることで神様のご利益を得ることができてしまうんですね。

鏡餅を砕く時は刃物はダメです。鏡餅が重なっているのは人のお腹のようなので切腹に見えてしまうためです。

砕く時は木製のハンマーを使うのが一般的です。食べる方法は問われないのでお好きな方法で召し上がれ!

コメント