地福寺(徳島市)藤まつりはGWおすすめスポット!《地元民推奨》

徳島県
DSC_0433
スポンサーリンク

地福寺(徳島市)のご紹介

徳島県徳島市のすぐ西隣、名西郡石井町に「地福寺(じふくじ)」というお寺があります。

地福寺は観光客がたくさん訪れるような有名な大きなお寺ではなく、どこにでもあるような普通の小さなお寺ですが、徳島県内では有数の「藤」の花の名所、見処として有名です。

地福寺のふじ」といえば、地元ではかなり知られたスポットですが、特に毎年ゴールデンウィーク頃に大勢の人が訪れる「藤まつり」がすごくオススメなのです。

場所・アクセス

JR石井駅から徒歩5分ほどの場所にあり、国道192号線から少し北に入ったところにあるので、道路からはちょっとわかりにくい場所にあります。

お寺の前にある駐車場はあまり広くなく、車で行くと駐車場になかなか停められないことがあります。近くにコインパーキングなどがないので、駐車場がいっぱいのときは空き待ちをしないといけませんのでご注意を!

藤祭り期間中はお寺の近くの四国銀行などでも駐車場を開放してくれています。どちらも駐車場は無料で利用できます。

小さいお寺なので、少し混雑するときもありますが、基本的にはゆっくり観賞することができますよ。

GWの「藤まつり」が素晴らしい!

地福寺の藤は、開花状況によって開催期間が毎年微妙にずれますが、だいたい4月中旬から5月上旬までに実施されます。ちょうどゴールデンウィーク前後が一番の見頃になるので、地元のレジャーとして隠れた人気スポットとなります。

実際に観賞したい場合は地福寺でもホームページで藤の開花情報を公開しています。お出かけ前にチェックしてから行くといいと思います。



個人的におすすめは・・・

私の個人的な印象ですが、実は満開になる前が一番のおすすめです。

見所は紫藤と白藤の大きな二つの藤棚で、一本の木と思えないほどの大きさです。
どちらも当時のご住職が植えたものと言われていて、紫藤は江戸時代に植えられた樹齢200年以上のもの、白藤は樹齢100年ほどだそうです。

満開の時期には花房が1メートルもの長さになり、春のおだやかな風に揺れる藤の花は、とても優雅で時間を忘れて眺めていたいほどきれいです。

写真撮影に最適!インスタも

見物客には写真愛好家の方が多く、毎年モデルさんが来ての撮影会もあります。

大きな藤棚以外にも、ピンクや紫などのかわいい盆栽の藤も見られますよ。珍しい八重咲きの藤もあって、モコモコしたかわいい花は普通の藤とは違う愛らしさがあります。

注目ポイント

1)トイレ
トイレはお寺のトイレを借りられますが、昔ながらの公衆トイレ、といった感じなので事前に済ませておいたほうがいいです。

2)ハチに注意!
藤に寄ってくる蜂が多いので、子供がいる場合は蜂を刺激しないように注意してください。
スズメバチのような人を積極的に刺しにくる蜂ではありませんが、追いかけたり騒いだりすると刺される可能性があり危険です(*_*)

3)地元の銘菓をどうぞ
屋台などが出るにぎやかなお祭りではないですが、地福寺の近くには岡萬本舗という老舗の和菓子屋さんがあり、「ふぢもち」などの石井町の銘菓が販売されています。藤見物のお供にも、お土産にもおすすめです。

地福寺の前でもふぢもちや石井町名産の産直野菜などの販売も行われています。ぜひ地元の味を感じてみてくださいね。