出雲大社の神在月2018年の日程(神在祭・縁結大祭など)

島根県
スポンサーリンク

旧暦の十月、島根の出雲大社(いずもおおやしろ)には全国の神社から神々が集います。
いわるゆ「神在月(出雲神在)」となりますが、今年(2018年)も多くの参拝客が見込まれています。

出雲大社の神在月には、「神在祭」「縁結大祭」などの祭事も執り行われるためベストシーズンになります。
こちらでは、2018年の出雲大社神在月の行事日程や見どころなどご説明します。

出雲大社の神在月はいつ?

2018年の出雲大社・神在月の日程は「11月17日(土)~11月24日(土)」になります。

11月17日(土)神迎祭(19:00~)
11月18日(日)神在祭 (09:00~)
  〃    出雲大社教龍蛇神講大祭(11:00~)
11月22日(金)神在祭・縁結大祭(10:00~)
11月23日(土)献穀祭(10:00~)
  〃    古伝新嘗祭 午後7時
11月24日(日)神在祭・縁結大祭(10:00~)
  〃    神等去出祭(16:00~)

出雲大社・神在祭の内容・意味は?

次に、各神事の内容や意義について、簡単にご説明します。

まず、神在(かみあり)月は、11月17日(夕刻)から11月24日(夕刻)までであり、この期間に出雲大社の本殿に神々が集い、縁結びの会議を行うと言われます。

神迎神事(かみむかえしんじ)では、出雲大社の西にある稲佐の浜にて全国の神々をお迎えします。この神事のあと、神々は「龍蛇(りゅうじゃ)神」を先頭に出雲大社へ移動し、神楽殿にて奉迎の儀式(神迎祭)が行われます。

「神在(かみあり)祭」の期間中は、集まった神様たちが「神議(かみはかり)」という会議を開きます。この会議場となる上宮(仮の宮)で日ごとにお祭り(神在祭)が行われます。出雲大社の神様「大国主大神」はその会議の主宰の役割を担っています。

神在祭に併せて「縁結大祭」が執り行われ、縁結びの祈りが行われます。

11月17日「神迎祭」の翌日「神在祭」が行われた後、「龍蛇神講大祭」があります。これは御使神「龍蛇神」の「おかげ」に結んでいただく儀式です。

11月24日「神等去出祭(からさでさい)」は、神様の会議(神議)が終わった後、全国より集った神々に感謝する祈りを捧げます。神職の声掛けで神様たちが出雲大社を出発し、お送りします。

また、神在祭期間中は神楽殿にて「夜神楽(よかぐら)祈祷」が開かれ、参拝者の縁を結ぶ祈願が行われます。



出雲大社の交通規制・入場規制、予約は?

神在祭期間中は、非常に多く方が参拝されます。17日の夕刻より周辺の交通規制がお粉wれたり、非常に混雑が予想されます。

また、祭神や神事には予約等が必要なものがありますので、出雲大社に行く前によくご確認ください。

出雲大社周辺の滞在・宿泊

出雲大社にほど近いホテル・旅館等はこちらをチェック。
⇒ 出雲大社周辺のホテル・旅館

また、神在月期間のツアーもありますので詳細を御覧ください。
⇒ 出雲大社のツアーを探す

出雲大社はいつ行くのがベストシーズン?行くならこの時期に!
縁結びの神様としても有名な「出雲大社」に行ってみたいと思っています!でも、いつ行くのがベストシーズンなの?観光や参拝に行くならこの時期に!というアドバイスはこちら!混雑が予想されるシーズンとは?!
出雲大社、神在月に参拝する方法とご利益のあった体験談
この記事では「出雲大社の神在月」をテーマに、知っておくと便利なお得情報も含めてご紹介させていただきます。これらを含めても出雲大社について気になることが多いと思います。出雲大社へ旅行をする予定のある人におすすめ。

コメント