フローリングにホットカーペットで傷が!床を保護するための注意点

スポンサーリンク

フローリングって冬はとても冷えますよね!
家中をフローリングにすると、夏は涼しさがありますが冬は底冷えしてしまいます。

でもだからといってフローリングに直接ホットカーペットを敷いては絶対ダメ!
その理由や、ホットカーペット使用上の注意点などをまとめてみました。

フローリングにホットカーペットで傷が付く?!

ホットカーペットの説明書には、
床材・フローリングの種類で変色や変形などが起きる」という事がちゃんと明記されています。

特に変形しやすいのは白木と天然木もフローリングです。

表面に加工が無いので木のぬくもりが感じられる魅力を持った素材ですが、ホットカーペットを直に敷くと
茶色い色が付いたり乾燥で板と板の間が開いてしまうこともあるんです。

こうなってしまうと結露(湿度が水滴になる)と熱のせいで床が痛みます。

なぜフローリングに傷がつくの?

これはもうここまで読んだ方はご存知の通り、木が熱に弱いことが理由。

どうしても変形や痛みが出てきてしまいますし、出てきてしまった後はプロにお手入れをお願いするしかありません。

影響が出やすいフローリングは人気の床材でもあるので、トラブルも起こりやすくなります。

ここではホットカーペットを敷くときに知っておきたいこと、直接ホットカーペットを引いて出てしまった時の
トラブルの前例をまとめてご紹介します!

フローリングにホットカーペットで床を保護するには?


暖房対策仕様のフローリングにホットカーペットを敷く場合です。

床を保護するときの注意点として、必ず暖房対策をフローリングにしてからホットカーペットを敷きます。

フローリングをホットカーペットに強くしたい場合は、ホットカーペット対応のフローリングシートや保護シート
、断熱シート
このどれかを使います。

ホットカーペットのメーカーによっては専用のシートが販売されているので必ずそちらを敷きましょう。
そうでないと本体の熱でシートが溶け床やカーペットが痛む原因になりかねません。

また、目的に対応していない保護シートや断熱シートも家具が痛む原因となりす。

1番安心なのは所持しているホットカーペットのメーカーのシートを利用すること。

もし、対応しているシートがない、あるいは分からないときは、同じ家電メーカー類似品(ホットカーペットの)で、推奨しているシートをであればそれをチョイスするのが良いでしょう!



畳を挟む方法もある

他にも、畳を間に挟むという方法もあります。熱が伝わらないものを間に挟むのが有効です。

この時滑り止めをつけておけば、動いてしまってもしてもカーペットがずれるということも、ありません。

フローリングの上にホットカーペットの注意点

フローリングの上にホットカーペットを敷いて起きたトラブルの事例を紹介します。

フローリングの上に直にホットカーペットを敷いてしまうと、まず先ほども触れたとおりフローリングが傷みます。板の間が開いてしまったり、変形の元にもなってしまいます。

カーペットの茶色がついてしまい、せっかくのフローリングも台無しですよね。

熱が伝わって床の痛みや焦げの原因にもなりかねません。フローリングが焦げてしまうと修復してもらうには
かなり高額な費用がかかります。もしも今住んでいる部屋が賃貸の部屋であれば、その出費は高額になるでしょう。

現在はフローリング風のホットカーペットも売っています。
しかし、あくまでホットカーペットなので同じ模様のフローリングの上で使いたい場合には、下に敷くものがいります。

下に敷くものは熱が通りにくい素材のマットやシートなど、畳でも大丈夫ですよ。

カーペットと床の間に水滴が溜まるトラブルも

他にもありがちなホットカーペットとフローリングのトラブルに、
カーペットと床の間に水滴がついてしまう、という事がたまにあります。

これは室温と外気温の差で結露が起きるのと一緒です。
カーペットの裏に露(つゆ)のように水がついてしまうと、最悪発火してしまうこともあり注意が必要です!

水滴に気がついた時には、こまめに露は拭き取っておきましょう。

見落としがちな床のトラブル。今からでも遅くありません。
使用方法の確認を兼ねてチェックしてみましょう。

まとめ

ホットカーペットをフローリングに直に敷くと大きなトラブルに繋がります。

必ず、熱が伝わりにくい素材(畳・断熱シートなどをフローリングに敷いてからホットカーペットを敷くように今からでも注意しましょう!

コメント