化石館ほるる(福島県いわき市)想像以上に面白い!入場料・イベントなど

福島県
スポンサーリンク

今年の夏に、福島県いわき市にある「スパリゾートハワイアンズ」に行く途中で、「化石館ほるる」という博物館に行きました。

特急スーパーひたちで湯本まで行き、周辺を歩いていた時に見つけたところでした。

意外と(?)面白い施設でしたので、紹介したいと思います。

いわき・化石館ほるる 概要説明

名称:いわき市石炭・化石館「ほるる」
住所:〒972-8321 福島県いわき市常磐湯本町向田3-1
TEL:0246-42-3155
開館時間:9:00~17:00(入館16:30まで)
休館日:第三火曜日。1月1日
アクセス:(車)常磐自動車道・いわき湯本ICより訳10分
(電車)スーパーひたち・常磐線「湯本駅」より徒歩10分

入館料はうろ覚えですが、夏休み期間中に行ったので、子供料金が安かったような気がします・・・。特に高いとは感じませんでした。

【入館料】
一般:個人650円・団体580円
中高大学生:個人430円・団体390円
小学生:個人320円・団体290円

入口にフタバスズキリュウ(以前ドラえもんの映画で出てきたことある子です)の像があります。入ってすぐは化石館で、恐竜やアンモナイトなどの展示がありました。

模擬坑道がリアル

石炭について、炭鉱の中に入って坑道を歩きながら歴史や文化、石炭を掘る道具の目覚ましい進化の様子が見られました。音声での説明もあり、坑道なので涼しくてよかったです。

大人でも石炭に詳しくない人であれば結構「ふむふむ」と思うことは多いです。

私は機械が結構好きな女子なので、後半になるにつれ大型ですごい石炭掘削機が出てきたあたりからテンション高めでした。

働く人の様子も人形が立っているので服装の変化や装備品など、リアルで面白かったです。

結構長い展示ですが、平たんな道なので特に疲れることもなく見学できました。ただちょっと薄暗かったのを覚えています。歩くのには困らない程度ですが。

あとトイレあったか覚えてないです…坑道に降りてから(エレベーターでした)休憩できるところがあったかも覚えてないですが、私は一気に展示みて行ったので特に困らなかったです。

子供の体験・宿題に最適!

夏休みや親子向けの体験イベントや見学会も多く、夏休みの宿題ここでいいじゃん!!って感じの施設です。入ったときはあまりいなかったのですが、お昼ごろから地元の小学生とか親子連れが多く来てました。

みなさんイベントの時間に合わせて来ていたみたいです。理科が好きとか化石や恐竜に興味がある、蒸気機関車が好きならかなり面白いのではないでしょうか?あとお父さん方にとっても、面白い施設だと思いますよ。

展示意外の施設も充実

お土産も館内に色々売ってました。パンフレットもわかりやすく、2~3時間は余裕で楽しめます。

イベントについては後で検索したらホームページにもありました。予約性かどうかは見ていないのですが定員はあるみたいなので、確認してから行くのがいいようです。

周辺の情報

駐車場もあり、線路沿いに歩いても着きましたし、周辺にはおおきなお饅頭屋さん(たぶん酒饅頭)とかご飯屋さんもありました。

ほるるはやや高台にあるので下ったところに駅前商店街が広がっている感じです。

坂道はちょっとありますがふつうン歩いて行けました!

商店街はお土産とかよりも食事処や居酒屋メインで、地元の方も普通に利用する感じのお店でした。洋食が食べたくてオムライス食べたのですが、すごくおいしかったです。

まとめ

「ほるる」の名前は、化石や石炭を「掘る」からきてるんですね!(たぶん。)

いわきの石炭・化石館ほるるは、意外なほど魅力的な施設でした。展示やイベントなども盛りだくさんなので、今度はもっとじっくり見学してみたいと思います!

コメント