ハロウィンにかぼちゃを飾るのはなぜ?どこに売ってるの?

スポンサーリンク

ひと昔前まではハロウィンなんて外国の文化だと思っていた皆さん。最近では渋谷のスクランブル交差点を仮装した若者が行きかう光景が当たり前に日本に浸透しつつあります。

ここ数年で日本におけるハロウィンに対する経済効果や、人々の関心もだいぶ高まってきています。

そうなると気になるのが、「そもそもハロウィンってなんなのだろう?」「なぜカボチャを飾るのだろう?」と私自身も疑問に思うようになりました。

そもそも「ハロウィン」とは?

そもそもハロウィンはヨーロッパのケルト人の収穫祭が起源とされているそうで、秋の豊作を願うお祭りです。

ケルト人の風習では、11月1日が新しい年の始まりで、10月31日はその前夜となります。

10月31日は収穫祭であると同時に、あの世とこの世の境がなくなる日でもあるとされていたそうです。

そして、死者の霊と悪霊がうろつくので、悪霊にいたずらをされないために魔除けのための火をたいたり、仮面をつけたりしていました。この儀式と、ジャック・オ・ランタンの伝説が混ざったものが、現代のハロウィンと言われているようです。

こうみてみると、そんなきちんとした理由があったのかといったところでしょうか。

日本における最近のハロウィンは、私には仮装大会化しているようにみえてしまっていたので、このようなきちんとした由来があって心なしかホッとしました。

ハロウィンのかぼちゃはどこで売っているの?

ハロウィンの時期が近づいてくると、顔を切り抜かれたカボチャたちをよく見かけます。

しかし、あのカボチャって普段私たちが食べているカボチャとは違うような…。時期になると街で見かけるけど。スーパーなどではみかけたこともないし、どこに行けば売っているのだろうと思ったことが私もあります。

私がハロウィンをする際に、カボチャが欲しいと思って偶然見かけたのは「道の駅」でした。



農家の方が趣味で作られているもので、形は不ぞろいでしたが、小さいものは100円ほどで購入が出来たのでとても良いお値打ちでした。

あともう一つありそうなところがお花屋さんです。お花屋さんではハロウィン時期になるとそれ用のアレンジメントがあったりして、その並びに置いてあったりします。

置いてありそうな八百屋さんなどになかなか置いているのをみかけないのは、ハロウィン用のカボチャはあまり食用には向かないカボチャだからだと思います。

以前ハロウィン用のカボチャをテレビで調理してみるという企画のものを見たことがありますが、私たちが普段口にしているカボチャとは違い、甘みが少なめのようでした。

美味しく食べるには調理の仕方が重要になってくるようです。

ハロウィンのかぼちゃを使った人気レシピに挑戦!


秋は収穫の季節。ハロウィンと言えばやっぱりカボチャ!そのカボチャを使ったハロウィンレシピに挑戦は私自身もやってみたいなと思いながら、まだ挑戦できていません。

みんなが集まって行うハロウィンパーティーにぴったりなのが、かぼちゃをつかったパンプキンパイかと思います。

下記サイトにレシピのまとめがあります。
https://matome.naver.jp/odai/2138129984369561901

さまざまなパンプキンパイのレシピが記載されているので、あなたのお気に入りのレシピが見つかるかと思います。

先ほどはスイーツのレシピだったので、お食事メニューでカボチャを使ったものをと考えると、かぼちゃを丸々使ったカボチャグラタンをご紹介します。

これは私も一度は作ってみたいなと思いながらなかなか手が出せないやつです。

丸々一個のカボチャを使うのって結構勇気がいりませんか?

私は心配性なので、「失敗したらどうしよう・・・」「美味しくできるのだろうか?」など考えすぎてしまって、挑戦をしたことはまだありません。

勇気のある方はぜひ作ってみて欲しいです。子供たちが大喜びすること間違いなしです!

コメント