冬の車中泊で暖房やエンジンに注意!寝袋など便利グッズも紹介

スポンサーリンク

前回は、冬の洗車で寒いのを防ぐ方法をお伝えしましたが、今回は最近流行の「車中泊」についてです。

冬の車内泊では、どうやって過ごしてますか?

冬の車内は寒くなりやすいですが、かといってエンジンをかけたままにしておくのは非常に危ないことです。

暖房をかけっぱなしな状態も、十分な注意が必要になります。

冬の車中泊は危険?!

車中泊で、車内の暖房をかけっぱなしにするのは、一酸化炭素中毒で死ぬリスクが非常に大くなってしまいます!

エンジンをかけたまま暖房をつけっぱなしにしていると、排気ガスが非常に多く出ます。

特に、雪が降る地域は排気口が雪で覆われてしまい、そのままガスが車内に貯まります。こうしたリスクが一気に上がるのです。

しかし冬の車内泊では防寒対策が非常に肝心な問題です。そこで必要になってくるのが車の暖房以外で暖を取る為の方法。

冬の車中泊ではエンジンをかけたままは危険。

先程、暖房のつけっぱなしは一酸化炭素中毒になるリスクがあるといいました。

雪国でなかったとしてもこのリスクは同じであって、雪国じゃないから心配ない!なんてことはありません。窓が閉めっぱなしなので空気が溜まってしまい、少量でも問題が発生します。

もうひとつ、エンジンの問題も軽いものから深刻なものまであります。

まず、パーキングや住宅街の近くなどの場合、エンジンの音は大きいため非常に騒音が響いて、近所迷惑になります。

また、ずっとエンジンをかけているのは、車にとってももかなりダメージが大きい行為です。

車中泊をすると長時間アイドリングをしている状態ですので、エンジンやバッテリーへの負担が非常に大きくなります。最悪、車内でエンストを起こし寒い夜を過ごすことも十分考えられることです。

そしてエンジンを付けていることで、どうしても車体が振動します。

これでは自分は休めた気になっても体は全く休めていません。体が休まず疲労がたまると、当然ながら運転に支障が出ます。

いろいろリスクが大きい

燃えやすいものの上でエンジンをかけっぱなしにすると、火災が発生することもあります。

そして最悪なのが、ガソリン代が余計にかかるということ。

ヒーターつけっぱなしで寝るのはかなり燃料を使うことなんですね。

冬の車中泊での寝袋やその他のオススメグッズ紹介

車内で1番寒さが伝わるのは「窓」です。まずは窓の冷気を防ぎましょう。

役に立つのは車用の断熱シェード。断熱効果があるものなら効果はある程度あります。

窓の冷たさを防ぐだけでかなり冷気は抑えられます。マットなら下に引いてもいいですね。

ポータブル電源で電気毛布を使う方法もあります。
お湯も沸かせるので体を内側から温めることもできます。



冬の車中泊では寝袋が大活躍!

荷物を減らしたいならば、「寝袋」がとても重宝します。

寒さも防いでくれますし、小さくたためるので携帯することも可能です。また、普通の毛布でもポータブル電源との併用で快適に過ごすことができてしまいます。

非常用でも使われている新聞紙でも暖を取ることができます。保温性バツグンで、よく地震の備えでも書かれていますので、チェックしてみてください。

車に設置する時は大きめにカットしたり、両面テープや吸盤などで固定しましょう。スキマがないほど暖かくなりますよ!

停車する場所も大切

冬の車中泊では、車を停める場所もポイントになります。

選ぶのは、平らなところ・屋根のあるところです。

特に屋根があるところは地面の空気が外に逃げにくく、夜も寒く感じにくくなるのです。

まとめ

このように様々な知識で車内泊を快適に過ごすことができるようになります。

健康にも直結することなので過信したり我慢しすぎると非常に危険です!
車内泊では慎重になることも大事なことです!

冬の洗車は寒い!車を洗うときの服装と時間帯はいつがいいの?
冬は水を使う作業はつらい!洗車は寒い思いをするなんて大惨事になることも!そして洗車の頻度が落ちまた洗車に時間がかかるなんて悪循環に・・・そこで、冬の洗車が寒くても大丈夫な方法を探してみました。

コメント