冬なのについ食事がそうめんだけ?つわり妊婦のおかずになる?

育児・子育て
スポンサーリンク

妊娠おめでとうございます。でもつわりで苦しい時期ですよね……( ;∀;) つわりの症状は人それぞれです。食べたくなるものも人によって違います。友人と比べても全然違いました。 

私もつわりの時期は本当に食欲がなくなりました。唯一、欲していたものが漬物と佃煮。普段買い物に行ってもそんなに漬物は買わないのですが、この時期は買ってでもそれを食べていました。

今回はつわりの時期の食事について一緒に考えていきたいと思います。

冬のそうめんには、こんなおがずをプラスしよう!

つわりで食欲がなく、冬でもそうめんが食べたい妊婦さんへ。こんなおがずをプラスしては?というアドバイスです。

つわりの時に食べたくなるものは人それぞれです。そうめんばかり食べていることも悪いことではないでしょう。

ただ、栄養面を考えるのであればそうめんに少しプラスしていくといいですね。まずは妊娠中、特につわりがひどい時期に必要となる栄養素についてお話しましょう。

妊娠中に必要は栄養とは?

妊娠中はどうしても赤ちゃんに栄養がいってしまうため、貧血になりがちです。鉄分補給といってもそうめんだけでは何ともなりません。

鉄分の多い食品としてはレバーや赤身の魚、ほうれん草、小松菜、枝豆などがあります。
また鉄分を多く吸収するためにはビタミンCと一緒に摂るとさらに吸収率がアップするとも言われています。

妊娠している方なら意識していると思いますが、葉酸もこの時期にとても大事な栄養素です。

赤ちゃんの正常な発育に欠かせない栄養素が葉酸です。妊娠中は通常の場合の2倍は必要と言われています。

特に妊娠初期には、赤ちゃんの大事な器官が作られています。神経管といって脳や脊髄といった人間にとって最も重要な器官の形成の時期です。この形成に葉酸が必要と言われています。



葉酸の大切さとは?

ただ、葉酸を採らなければならない大事な時期、つわりで苦しんでいる人が多いことも事実です。それに加えて葉酸を食事で採ろうと思うとかなりの量を食べないといけないそうです。

のり、わかめ、こんぶ、枝豆、大豆などが葉酸を多く含んでいると言われていますが、必要な量を摂ろうとするとかなりの量を摂らないといけないです。食欲の落ちているこの時期に量をたくさん摂ることは困難でしょう。

この二つの栄養素を意識しておかずをプラスしていくといいのではないかと思いますが、とにかく食べることが大変な時期です。自分のペースですすめてくださいね。

冬でも栄養バッチリそうめんレシピ集


つわりの時期は食べられるものを食べればいいんです。栄養を取らなきゃと思って無理に食べると余計体調が悪くなったりします。自分が美味しいと感じるものを食べれる分だけ食べれば大丈夫です。

体調が悪いと作るのも億劫ですよね。そんな時には、かけるだけ、和えるだけで食べられるようなものを取り入れてみてはいかがでしょう。

そうめんだからといって、麺つゆで食べなきゃいけないなんてことはありませんよね。

私はよくパスタソースを使っています。和えるだけでいいものがたくさん売っていますよね。私がよく買うのは生たらこ味とガーリックトマト味です。

ちなみにこのパスタソース、しらたきに合わせてもとても美味しいんですよ。しらたきを炒めてそこにソースを和えるだけで一品完成です。

つわり時期が終わって今度は食欲が出てしまい、体重管理をしなければならなくなった時などに、ヘルシーな料理として取り入れてみてはいかがでしょう。

ネバネバ食材や風味をつける

納豆、オクラなどのネバネバ食材とそうめんを合わせると食欲がなくてもサラッと食べられます。味付けも納豆についているタレを絡ませれば美味しくいただけますよ。ここに鰹節をプラスすると鉄分も摂れていいと思います。

あとは定番ですが梅干しです。いつもの麺つゆに梅干しを少しプラスするだけで、風味が変わります。私はよく梅干しと青じその千切りを合わせて食べます。さっぱりとしてとても美味しいですよ。ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか。
私の経験上、とにかくつわりの時期は食べることが大変でした。栄養とか考える余裕もありませんでした。

この時期を乗り切れば、楽しいマタニティーライフが待っていると思って頑張ってくださいね。

コメント