冬なのに湿度が高い!部屋の湿度の平均と対策法はコレ。

住まい
スポンサーリンク

一般的に冬は湿度が低いとされているのに、自分の家だけ高い湿度だとなんでかな?と疑問ですよね。

冬でも湿度が高い原因はなぜなのでしょうか。
このまま放っておいたらカビが生えてしまうと思うと、しっかり対策を行いたいですよね。

自分の家を掃除するのは自分なので、対処法は知っておきたいと思います。

冬の湿度、部屋は平均ででれくらい?

ズバリ、冬の湿度の平均はどのぐらいかご存知ですか?

答えは、40%〜60%が冬の湿度の平均値です!

湿度が高いと良くなさそうですが、意外にも冬の湿度の平均は高いことがわかります。
筆者の予想では30%ぐらいだと思っていたので、高くて驚きました。

湿度が高い・低いとどうなる?

湿度が40%以下になると目や肌、喉の乾燥を感じることになるので部屋の中が過ごしにくい空間になってしまいます。

それだけではなく、冬の大敵インフルエンザウイルスが発生しやすくなるので、部屋に人が密集していると集団感染を起こす可能性がでてきます。

逆に、湿度が60%以上になるとダニやカビが発生しやすくなるので気をつけないといけませんね。

特にマンションなどの集合住宅の場合は、湿度が90%になることも珍しくなく、カビや結露で悩みがちです。このような場合は独自の対策が必要ですね、

部屋の状況により最適な湿度は異なる

たとえば部屋に人が密集している場合、風邪予防のためにも乾燥を避けなければなりませんよね。
そうなると、部屋の湿度は50%以上の方が安全です。

先程も述べましたが、湿度が低くなるとウイルスが発生するので、高めに保っておいた方が良いと思います。

逆に一人暮らしの人はどうでしょう。

極論、40%を切るか切らないかぐらいの多少低めでも具合が良いかもしれません。あまり湿度が高すぎてもジメジメしてしまって過ごしにくいですよね。

このように、部屋の状況によっても最適な湿度は異なるので、自分やその家族に合った湿度を保っておくと良いと思います。



冬でも湿度が高い場合の対策法

さて、ここまでは平均的な湿度をご紹介させていただきましたが、案外湿度は高めに保っておいた方が良さそうですね。

しかし、湿度が高いとカビや結露が発生するので対策が必要です。

特に一人暮らしの人は、対策を手助けしてくれる人がいないのでいざという時に慌てないように方法を覚えておく必要があります。

以下では、湿度を上げないための除湿方法をご紹介させていただきます。

1.こまめに換気する

湿度を上げないために最も効果的な方法は、こまめに換気をすることです。部屋の空気を入れ替えることで湿度が下がるので、風邪予防にも効果があります。

ここで大切なのは、部屋の対角に位置する窓やドアを開けておくことです。

マンションなどの集合住宅の場合は、間取りの関係上難しいかもしれませんが、玄関や他の部屋の窓を開けたり、換気扇を回して空気を入れ替えましょう。

2.お風呂場の蓋とドアを閉める

お風呂場などは水場なので、その周りには大量の湿気を伴います。

簡単にできる湿気対策には、蓋とドアを閉めることが大切です。簡単なことですが、案外忘れがちなのがこの動作だと思います。

逆に言うと、蓋とドアを閉めるだけで湿気対策ができるのですぐに対策可能です。なるべく湿度を上げないためにも、お風呂上がりは後始末を心がけましょう。

まとめ

この記事では、「冬に湿度が高い時の対処法」をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

湿度が高い時は、換気や水回りの対策をすることで湿度上昇を防ぐことができます。

冬は寒いので、家の中が過ごしやすい状のが1番。ただでさえ冬は寒くて過ごしにくい季節なので、家の中を快適に保てるように工夫しましょう!

コメント