冬の洗車は寒い!車を洗うときの服装と時間帯はいつがいいの?

スポンサーリンク

冬は水を使う作業が全て辛くなりますね。
特に外でしか出来ない洗車は室内の洗い物と違い、勝手が全く違います。

時々びしょびしょに濡れてしまって、さらに寒い思いをするなんて大惨事になることも!
そして洗車の頻度が落ちまた洗車に時間がかかるなんて悪循環に・・・

そこで、冬の洗車が寒くても大丈夫な方法を探してみました。

冬の洗車で寒いときの方法は?

まず、冬場の洗車で寒いので、せめて服装だけでも暖かくして挑みたい!
どんな服装が向いてるんでしょうか?

洗車はかなり体を大きく動かす作業です。やっている間に、意外と体の中から暖かくなっていきます。冬であってもうっすら汗を拭く程度になりますので、まずは首周りにタオルを巻いて作業しましょう。

また、下着などを汗に反応して発熱する素材にすると全身防寒ができます。薄めの生地で汗をよく吸うので
、運動時でも寒くなりません。

そして外からの水を防ぎなおかつ体が温かいもの、「雨合羽」を上に着ましょう!

雨合羽は袖が細めのものがよく、ゴム手袋を使うときでも簡単にできてしまいます。カッパは水を防いで熱を閉じ込めるので、寒い雨の日もおすすめです。

他にも、寒い日でも暖かく洗車をするために便利な方法をご紹介しましょう。

冬に洗車をするときは服装で防寒対策しよう!

せっかく温かい服装をしても手元は寒いまま。指が動かない!かじかむ!という事態が想定できます。

体は温かいのに手がかじかんでしまっては洗車も大変ですよね~。そんなときに有効なのが「手袋」です。特に、「ゴム手袋」をつけると水を防ぎながら暖かく洗車ができます。

だからといってゴム手袋ならなんでもいいというわけでもありません。

・薄手
・長め
・ゴム付き(手袋に水が入らないように)
・裏地が起毛

以上の4つが揃っている手袋を選ぶと効果的でしょう。

スポンサーリンク

薄くて長いゴム手袋というものはたくさんありますが、裏起毛というのは聞いたことがないという方も多いかもしれません。

しかし最近は裏起毛のビニール手袋も冬用の家庭用ゴム手袋として販売されています。キッチン雑貨になっていることがほとんどであるため、どちらかといえば家事向けの雑貨です。

セット売りが多いですが、洗車以外のシーンでも利用できるので冬に役立つアイテムです。

冬の洗車に最適な時間帯を教えて!


大事な人を車に乗せる約束やドライブデートの前など、寒くても愛車を磨きたい!というときがありますよね。

冬に洗車するなら、気温が上がる時間帯を選ぶとベターです。

洗車にとって問題なのは水分を乾燥させること。夏は日が照っているとすぐに水が蒸発するので、水の後や汚れが非常に残りやすいと言われます。

なので、洗車は夕方のほうがいい、とおぼえている方も多いでしょうが、冬の場合は日中など温かい時間帯に洗車する方がいいのです。

なぜかと言うと、地域によっては日が陰った後だと

・ウエスが凍る
・ボディについた水が凍る

などの洗車後の水が原因で車が凍るトラブルが多発してしまいます。
こうなってしまうと後が大変です。

撥水スプレーや加工をしている場合は凍りにくいのですが、加工が切れている場合は車体に氷が張ることもあります。

氷自体はすぐに外すことはできますが、氷が貼ってしまった場所によってボディの傷の原因となります。

そうした理由からも、冬場の洗車は凍りつきにくい暖かい昼が向いているんですね。寒いのが苦手な方にとってはちょっと嬉しいニュースです。

まとめ

冬場は寒いけれど、せっかく買った愛車。大事に洗車したいですね。
そのためには、自分が寒くない服装と、車のボディーのために時間帯を考えて洗車して上げてくださいね!

コメント