冬の部屋干しで乾かない時はコレ。扇風機やエアコンで除湿する方法

スポンサーリンク

冬は寒く、洗濯物は冷たくなっちゃう!

そんな理由で冬に部屋干ししてる一人暮らしの人や洗濯物が多いお母さんお父さんはたくさんいます。

でも、部屋干しだと乾かないこともあって正直困っている人も多いのでは?

そこで、冬の部屋干しで上手に洗濯物を乾かす方法を調べてみました。

冬は部屋干しでも乾かない理由

そもそもなんで冬は洗濯物が乾かないんでしょう?

元々冬は

・厚手の服が多い
・日が出ている時間が少ない(気温が低い)
・服の水分が蒸発しにくい

という3つの点から洗濯物が乾きにくいのです。

しかし、部屋干ししてしまうことで部屋干しの場所が限られ部屋の湿度が上がります。

結果として空気の水分が多く部屋に干していくる服の水分が外に出ていかず、乾きにくくなります。それで、どうしても部屋干しで乾かない!という事態が起こってしまうんですね。

おまけに、部屋の湿度が高くなると、今度はカビが生えやすくなってしまいます。

ほどよい湿度を保ちつつ、部屋干しをすると冬でもきちんと洗濯物が乾きますよ!

ここからはそんな冬の部屋干しの方法をご紹介しましょう。昼にいないひとでも簡単に出来るちょっとしたテクニックですよ。

冬の部屋干しには扇風機を活用しましょう

まず、冬の部屋干しする場所を、例えばお風呂場ならお風呂場と決めてしまいます。

こうすると一部屋の工夫で乾燥させることが出来るためある方法で劇的に乾きます。

それは、暖房と扇風機(サーキュレーターも可!)を併用して乾かすこと!

なぜ両方使うかと言うと、暖房だけだと水蒸気や湿気が貯まるばかりだから。洗濯物が乾きにくい上に、
カビの原因にもなるのを防ぐためです。

そこで、扇風機で部屋の空気や湿気を十分に循環させることで湿気が部屋に溜まってしまう問題を解決することができてしまうのです!

ちょっと乾きにくくなりますが換気扇と併用するのもアリな方法。さられに、洗濯物の脱水時間を少し伸ばして乾きやすくするとなお早く乾きます。

風量設定は「弱」でOK!なるべく風が洗濯物にあたるようにすると、より効果が倍増しますよ。

その日のお天気で多少時間の変化はありますがこの方法を使うと乾燥時間がかなり短縮されます。

スポンサーリンク

冬の部屋干しにはエアコンで除湿機能もおすすめ!

エアコンの除湿(ドライ)機能と聞いて驚いた人も多いのでは?

先ほどから部屋干しにすると部屋の中の湿度が上がって洗濯物が乾かない、という事が問題。それなら部屋の湿度を
下げてしまえば解決なのでは!?ということです。

もちろんこの方法は非常に有効。扇風機と暖房の組み合わせよりも、より乾きやすいんですよ。

ただし、冬場にドライモードを利用する人はそれほど多くはなく、しかも一定以上に湿度が下がってしまうと、それ以上は室内の湿度を下がらないようにしてしまいます。

結果としてきちんと乾かすことがとても難しい状態になります。

そのためドライモード乾燥でも扇風機やサーキュレーターが大活躍するのです!

サーキュレーターがホントに効果的な件

空調と扇風機を使うと部屋全体に空気の流れができてきます。扇風機の風が洗濯物に直接あたるようにして使いましょう。

この方法だと1時間程度で洗濯物が乾くので、買い出し中やちょっと出かけるときにおすすめの方法です。

こちらも部屋を一箇所にまとめて乾燥させましょう!

部屋の中の干す場所も重要

冬場に外干ししても服が冷たくなるし乾かないときは、部屋の真ん中の方に洗濯物をまとめて干すと良いです。

窓際だと洗濯物が冷たくなってしまうのでNGです。

そして暖房をつけて、洗濯物に向けて扇風機の風を当てる。これだけで乾燥時間をかなり短縮させることができます。

もしちょっと買い物に行きたいというときは暖房ではなく「ドライモード」がおすすめです。ドライモードにセットして扇風機の風を洗濯物に当たるようにします。

こうすると外に出ている間、およそ30分程で洗濯物が乾くでしょう!

部屋干しが終わったら10分程窓を開けて、きちんと換気をするのを忘れずに。室内の湿度はどうしても上がってしまうので、カビ防止のためです。

換気することで病原菌の繁殖や臭いのもとを抑えることにもなります。

まとめ

冬場でも洗濯物を早く乾かして家事をどんどん効率化していきましょう。

コメント