洋服を捨てるタイミング、着なくなった服の処分はどうしてる?

未分類
スポンサーリンク

ファッションに興味のある年頃の子は、しばしば洋服をたくさん買いがちです。

特に女子高生にとって、洋服はコミュニケーションツールの1つでもあります。友人と一緒に街へ出かけて洋服を買ったり、ファッションセンスのある子のコーディネートを真似たりするのが楽しいですよね。

また、さまざまなブランドに触れ、自分に合ったファッションを見つけるために洋服を何着も買ってしまうという人も多いのではないでしょうか。そんな時に悩むのが、着なくなった洋服を捨てるタイミングです。



洋服を捨てるタイミングとは?

「好みが合わなくなった」や、「衝動買いしてしまって着るタイミングを逃した」などの理由で着なくなった洋服があると思います。それらを捨てるタイミングって、意外と迷いますよね。

「まだ着るかもしれない」という理由で着なくなった洋服をとっておきがちですが、世の中の人は洋服を捨てるタイミングはどのように決めているのでしょうか。

この記事では、「着なくなった洋服の取り扱い」についてご紹介させていただきます。洋服の処分に困っている人は、ぜひ最後までお読みください。

服を捨てる時って、ゴミに出すしかないの?

買った時は気に入っていたけれどデザインに飽きてしまってもういらなくなった洋服はありますか。着なくなった洋服を捨てる時にまず思いつくのが、ゴミとして処分する方法だと思います。

しかし、ゴミに出すのはなんだか気が引けてしまいがちですね。他に方法はないのでしょうか?
実は、ゴミに出す以外の方法が2つあります。

1.売却する

1つ目は、着なくなった洋服を売りに出す方法です。

たとえば、ブランド物の服でしたら、ブランド品買取サイトで高く売ることが可能です。また、「メルカリ」などのサイトや、フリーマーケットイベントに出品する方法もあります。

着なくなった洋服を売りに出す場合は、傷や汚れが少ないほど高く売れます。売りに出すことの良い点は、売れた分の代金が入ってくることです。

そのため、そのお金で新しい洋服を購入するのも良いでしょう。
「もういらないけど綺麗だからまだ着れそう」といった洋服は、売りに出すことを考えてみてはいかがですか。

2.寄付をする
2つ目は、寄付をする方法です。

着なくなった洋服を業者に寄付することで、国際的な問題の支援につながります。たとえば、発展途上国の子どもたちのなかには、貧困で服を手に入れることが難しい人がいます。その人たちに寄付をした洋服を着せるプロジェクトも存在します。

また、着なくなった洋服が収益となり、井戸掘りや学校建設費用に使われることもあります。

国際貢献に興味のある人は、着なくなった洋服を寄付してみることをおすすめします。あなたの洋服が、世界の人の支援につながることは素敵ですよね。



買った服って捨てるまで何年ぐらい着るのが普通なの?

そもそも、世間の人は買った洋服を何年ぐらい着ているのでしょうか。

調べてみると、1年以上3年未満の人が全体の約4割を占めていて一番多いようです。

オシャレに敏感な人だと、流行の流れごとに買い換えるという人もいますが、大体の人は3年ぐらいは同じ洋服を着ていることになります。
最近の洋服は生地の素材もしっかりしていて持ちが良いので、長い間ありがとう着用することができます。

ちなみに筆者は、長いと4〜5年は同じ服を着ています。特に夏用の無地のトップスは、使い回しが効くので何年も着用可能です。
また、ジーンズも3〜4年は同じものを着用しています。ブランド物となると、値段も高いので長年愛着するようになります。

一般的には、3年を目安に買い換える人が多い傾向があります。

まとめ

この記事では、「着なくなった洋服の取り扱い」についてご紹介させていただきました。

必要なくなった洋服はゴミにしがちですが、売りに出したり寄付をすることで、再利用してもらうことや収益になることがあります。
また、一般的には3年を目安に洋服を買い換える人が多いこともわかりました。

流行の移り変わりは早く、敏感なお年頃にとっては月に数着洋服を買い換える人も多いと思います。洋服はコミュニケーションツールの1つでもあるので、好きな洋服を着て、ファッションを楽しみましょう!

コメント