同窓会は行って後悔する!?行かないで後悔する?!出席を迷ってるなら

学校・教育
スポンサーリンク

同窓会に出席するかしないか・・・これは少なからず迷いますよね。
きっとその時の自分の状況が大きく影響してくると思います。

そんな、同窓会に参加するか迷っているときの話です。

だいぶ以前になりますが、卒業してから十何年かぶりに中学校の同窓会のお知らせが届きました。その時はあいにく、仕事の都合や移動時間の関係で調整がつかず参加を見合わせた。

でも後日、「もしあの時、参加していたら・・・」その後どんな気持ちになっていたのかなぁ?と今でも考えることがあります。

同窓会は行かない派と行く派の意見とは?!

私の場合は、連絡が来た時、正直に言うと、少し複雑な気持ちになりました。

なぜかというと、年齢を重ねて大人になったみんなと会うことが楽しみな気持ちと、経験を重ねて良くも悪くも変わってしまった自分の姿を見せることへのちょっとした抵抗感が入り混じっていたのです。

それに加えて、中学時代の友達で今でも付き合いが続いている人はもうほとんどいなかったこともあります。

ですので、もし出席していたとしたら、例えるなら、「知らない人だらけのパーティに一人で参加する」というような感覚できっとかなり緊張していたと思います(笑)
 



みんなの同窓会への印象は?

ところで、世間の人々は、同窓会の参加に対して、どのように思っているでしょうか?
ここでは、同窓会に行く派と、行かない派に分けてそれぞれの主張を聞いてみました。

まずは、同窓会に行く派

・昔の友人に久しぶりに会いたい。
・近況を報告し合いたい。
・これを機に旧友を温めたい。
・気を遣わなく良い人たちと、思い出話やくだらない話をするのが楽しい。
・変わったみんなを見て安心したい。(学生当時の輝きを保っている人のほうが少数。大多数は、太ったり禿げていたり(笑))
・過去の思い出に浸りたい。
・連絡先を交換できる。ビジネスにおける人脈造りに役立つかも。
・当時とは違った人と話せる。一度も話したことがない人とでも今なら気が合うかも。
・ここだけの話、ぶっちゃけ下心(笑) あわよくば付き合えちゃうかも?!という期待感♪

対して、行かない派

・時間が無い。仕事や子育て・家事で忙しい。
・会場が遠い。
・会費が高い。
・面倒。楽しいかどうかも分からないものにわざわざスケジュールを空けるのは不毛。
・会いたくない。会いたい人がいない。
・一人になりそう。友だちもいないし。
・学生時代に良い思い出が無い。過去の自分が黒歴史(笑)
・変わった姿を見たくない、見られたくない。 がっかりしたくないし、がっかりされたくもない。
・自慢大会になりそう。疲れる。 マウンティングされたくない。
・会いたい人とは定期的に連絡を取ってるので、個別で十分。会いたい人と会いたくない人が入り混じっている同窓会よりよっぽど良い。

と、まぁ、いろんな意見が出ていますね。

『分かる!分かる!』という人もいれば、『ん?なんで?』という人も、様々でしょう。

アンケート結果によると

とあるアンケート結果によると、「同窓会に行く「という人の割合は約6割だったとのこと。

また、「学生時代の友人とは疎遠だ」というアンケートでは、5割強の人が疎遠になっているという結果でした。

行く派の意見の中で、素敵だなぁ~と思えた意見が、
『人はいつ死ぬか分からないから、会える人には会えるうちに会っておこう』という意見でした。

天変地異や不測の事態など、昨今の情勢は特に、何があるか分からないですからね。この人はきっと、人と人の繋がりをとても大切にされているのだろうなぁと感じられて、なんだかとても心がほっこりしました♪
 



誰もが考える?!同窓会に行きたくない心理とは?

対して、行かない派の理由が、とてもリアルですね(笑)

そして、アンケート結果とは裏腹に、行く派よりも行かない派の勢力が非常に強いように感じました。
そして中には、『呼ばれていないから』という身も蓋も無い意見もありました・・・。

では、なぜ行かない派の人は、行きたくないと考えるのでしょうか?

行かない派の人の意見から想像するに、

『年齢を重ねて変わった姿を(老化)を見られたくない。』
『自分の仕事や人生がうまくいっていないから。』
『当時のクラス内での自分の立ち位置が微妙だったから。』

上記が大きな理由なのかな、と考えました。誰だって、自分の弱い部分、嫌な部分、人に探られたくない部分は多少なりともありますから、
何も知らないのに、無断で踏み込んで刺激してほしくないと思うのも、当然だと思います。

また、

『1、2度参加したけど、レベルが低すぎて話が合わなかった。』
『つまらなかったから、その後は参加していない。』

という理由もありました。

地元と都会、大手と中小企業、独身か既婚か、など卒業後の人生をどう過ごしてきたかによって、会話が噛み合わなくなるということが起こるようです。

なお、断る際の理由としては、仕事、冠婚葬祭、体調不良 を言い訳に使うという人が大多数でした。

注意すべき点は

同窓会は行くも行かないも、個人の自由! ただし・・・

同窓会への参加は決して強制ではありません。あくまで個人の自由ですので、好きに判断して良いでしょう。

ただし、出席するしないに関わらず、

・出欠の連絡は、引き延ばさず速やかに行うこと。
・連絡をくれたことに対する感謝の気持ちを伝えること。

以上は、幹事さんへの最低限のマナーとして行うべきです。それだけは守ってくださいね。

コメント