名古屋の夏と言えばコレ「日本ど真ん中祭り」で栄が大賑わいだゾ!

愛知県
スポンサーリンク

名古屋のお祭りと言えば多くの人が思い浮かぶのが「日本(にっぽん)ど真ん中祭り」、通称「どまつり」です!

「日本のど真ん中で踊ろう!」というのがコンセプトで、名古屋では知らない方はいないぐらい大きなお祭りです。

夏休みの最後を飾る大規模なこの祭りは、名古屋に夏の終わりを告げるとても楽しい祭りです。

日本ど真ん中祭り(名古屋)の説明

開催場所・アクセス

愛知県にある名古屋市、中区栄で開催されます。

愛知県にあまり来られない方はイメージが出来ないかと思いますが、栄地区は愛知県の中でも名古屋駅周辺と1.2位を争うほど繁華街の場所です。ま、名古屋の中心分ってことですね~

会場は20か所くらいあるのですが、主に栄駅や久屋大通駅が最寄りです。栄駅には地下鉄名城線、東山線が通っており、久屋大通駅には地下鉄名城線、桜通線が通っています。

《県外から来られる方へ》
名古屋駅を使われる場合は、名古屋駅で地下鉄東山線、藤が丘行きに乗って2つ目が「栄駅」です。
ここで降りてください。

とてもアクセスしやすい場所ですけど、どまつりの日は混在するので公共交通を使って下さい。

開催日(2018年)

毎年夏の終わりに行われます。2018年の開催日は8月23日~26日の4日間です。

4日間あるのですが、メインは25、26日の土日となっています。

スポンサーリンク

駐車場・渋滞情報

お祭りの専用駐車場はありません。

どまつり開催中は名古屋中心部で交通規制を行っており、なおかつものすごい人が集まります。なので、車で栄まで来るとかなり大変なことになります。

その期間は栄周辺かなり規制を行っています。そのためなかなか思うように運転が出来ません。

どうしても車で来場する場合は、お祭りのホームページに交通規制箇所などの情報が載っています。
車で行く場合は必ず事前にチェックするか、印刷して持っていくことをおススメします。

日本ど真ん中祭・お祭り内容

メインは「よさこい」等のダンスコンテストです。全国から約200のチームが参加し、ステージでパフォーマンスを見せてくれます。

ダンスがメインのお祭りではありますが、ダンスを見なくてもとても楽しく過ごせるのが魅力です。

食べ物をはじめ、屋台がたくさん出店します。屋台でご飯を食べながら、祭り気分を味わうだけでも
すごく楽しい雰囲気ですよ。

子連れの場合の注意

日本ど真ん中祭りは、小さな子供の場合でも十分に楽しめるお祭りです。

注意したいのは、夏の終わりでとても暑い時期となります。特に今年は全国的に猛暑になってますし、名古屋もメチャクチャ暑いです・・・(@_@)

小さなお子様は歩く場合、たくさんの人の中に混ざって、暑い中歩くのは大変だと思います。

その為、適切なタイミングで休息をとる事をおススメします。
近くにはショッピングモールなどがありますので、邪魔にならない程度に利用したらよいでしょう。

祭り会場のほとんどが炎天下の外で日陰もあまりないので、特に小さいお子さん連れは気を付けてください。

トイレも少ないので注意

公園などの施設が会場ですので、トイレの数はあまり多くありません。その為、トイレ利用の場合はデパートや駅の中で行くのが良いかと思います。

駅からもあまり離れていないので、比較的トイレも行きやすいです。

おわり

名古屋の風物詩である日本ど真ん中祭り。地元民からもぜひおすすめしたいイベントです。

とても楽しいので一度行って、夏休みの良い思い出の一つにしてみてはいかがでしょうか~