秋茄子は嫁に食わすなの本当の意味、使い方や例文・英語訳も紹介

スポンサーリンク

「秋茄子(ナス)は嫁に食わすな」という言葉、ちょっとトゲがありませんか?
この言い方では嫁姑問題やちょっとした夫婦問題です。

言葉の意味も「憎らしい嫁に美味しい秋ナスはもったいない」という意味で解釈されています。

でも、実は本当の意味もあったりしますので、解説していきます。

「嫁に食わすな」という言葉

秋ナス以外にも「嫁に食わすな」シリーズは意外とバリエーションがあります。

「あきかます嫁に食わすな」
「秋鯖嫁に食わすな」
「五月わらび嫁に食わすな」

なんて言葉もあります。特に「秋茄子は嫁に食わすな」では、現在もよく見かける言葉です。

実はこの言葉には3つの意味があるって知ってました?なぜ3つなのかというと、いまだに意味の正解がわからず1つに絞れていないためです(笑)。

3つの説

まずは「嫁いびり」説。これはよく見かけますね。

茄子は秋にとれたナスが夏のよりもおいしいから、そんなナスを目下の嫁に食べさせるのは勿体無い!

という意味です。昔は嫁に入ってきた人は基本的に「下」と見られていました。さすがに今はその考えは古い考えですが・・・。

2つ目は「茄子は体を冷やす」から。

茄子が夏に重宝されるのは体を冷やしてくれる作用があるからです。これは水分が多く利尿作用も強い為。そんなものを秋に食べたら体が冷えてしまうからなんて理由とされています。

最後は「子宝に恵まれない」から。

ナスの食べる部分にはタネが入っていません(正確には見えない)。そこで嫁が食べたら子宝に恵まれないのでは?という縁起担ぎからこの言葉が来ているという説です。

では、現在の意味とどんな時に使ったらいいのかしら?
そのあたりの事情をご紹介します。

「秋茄子は嫁に食わすな」使い方と例文

先に書いた通り、元々いい意味の言葉では無いと捉えられがちです。

例え思いやりを込めたほうの意味で使った場合でも、相手との関係次第では大事になってしまうことも……。

その分表現の幅も広いため、見分け方としても信頼関係から考えるしかありません。使う時は十分注意しましょう!

スポンサーリンク

使い方・例文

秋ナスは嫁に食わすなというし、
あの人に美味しいものを
食べさせるのはもったいない
(嫁においしいものを食べさせたくない)

お嫁さんはすごくいい子だからこそ、
秋ナスは嫁に食わすなっていってるの
(お嫁さんの体調を心配して)

秋ナスは嫁に食わすなとも
言われるほど、
ナスのおいしい季節となりました。
(これは日常での無難な使い方ですね)

秋ナスを嫁に食わせないような
生活を強いている
(おいしいものは食べさせない
 という意味で、最初より強い意味です)

(例文参考HP:https://proverb-encyclopedia.com/akinasu/)

「秋ナスは嫁に食わすな」の英語訳

直訳では伝えづらいのですが、英語の訳についても解説しましょう。

まず直訳では「Don’t feed autumn eggplant to your wife」となります。

これだけ言われると意味としては意地悪な意味がどうしても強くなります。
なので意味を補足する場合は以下の説明文も付け加えて伝えるといいですね。

(because they’re too delicious,
because they’ll give her the chills,
or because their lack of seeds will reduce her fertility)

まとめ

「茄子を嫁に食わすな」という言葉は意味も多くある分、使い方を間違えるととんでもない爆弾となります。

この言葉には3つの意味があり
1、嫁いびりのため
2、体を冷やさないために
3、子宝に巡られるため

といったものになっています。同じ言葉であっても意味が正反対ですね。
あまり積極的に使わないほうがいいですが、もしも身近に使う人がいた場合はよく内容を聞いてみましょう。

使っている人と使われている人で仲違いが起こらないように聞くことも大切です。
尚、1.2の意味はよく使われていますが3の意味で使う場合は現在はあまり見かけませんね。

コメント