飛行機へ赤ちゃんのミルクを持ち込み、作り方紹介。CAが作るサービスも?!

飛行機
スポンサーリンク

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗る時、心配な事はたくさんありますよね。

赤ちゃんが飛行機の中でぐずったらどうしよう、うんちをしてしまって周りに迷惑をかけてしまったらどうしよう…とにかく逃げ場のない飛行機内でのことです。心配は尽きませんよね。

もちろん赤ちゃんの食事についても心配ですよね。まだ母乳かミルクしか飲まないような赤ちゃんでも飛行機の中ではどのように対応したらいいのか悩みますよね。

その中でも赤ちゃんにとって1番大事なミルクについてお話ししたいと思います。

飛行機へミルクの持ち込みは可能ですか?

赤ちゃんと飛行機に乗ることが決定!ミルクを持ち込みしたら作ってもらえるの?」

液体の機内への持ち込みは制限されていることはみなさん知っていることだと思います。ということは調整して哺乳瓶に入れたミルクもダメなんじゃないかと考えるのが普通ですよね。

航空会社が規定していることの中に、持ち込みが制限されないものがあることを、ご存知でしょうか。

赤ちゃん用に使われるために持ち込まれる液体であれば、持ち込むことが可能な場合がほとんどです。ただし、航空会社によって規定は違う可能性があるので事前にしっかり確認しておきましょう。

赤ちゃんは耳抜きができません。そのため離陸する時には何か飲ませると機嫌が悪くなることもないと言われています。

まずは事前に調整したミルクを持ち込むことが1番よいと考えます。もちろん客室乗務員さんにお願いすればミルクを作ってくれるところがほとんどだと思います。

ただ、離陸前は客室乗務員さんも大忙しです。そんな時にお願いするのは難しいと思います。

友人に客室乗務員がいるので、聞いてみました。

CAさんがミルクを作ってくれるサービスがある?

機内には赤ちゃんのミルクを調整するためにお湯が用意してあるので、CAさんにお願いすれば作ってくれるそうです。

哺乳瓶と一回分の粉ミルクを渡せば作ってくれるとのことです。ただし、そこからは人によるらしいのですが、赤ちゃんが飲みやすい温度まで下げて持ってきてくれる人と、お湯で作ったまま持ってくる人とに分かれるそうです。

スポンサーリンク

子育て経験者であれば、適温に下げるところまでやらなければいけないと思うかもしれませんが、若い客室乗務員や子育てをしていない人にはミルクを人肌にするなんてことは知らないと思います。

ミルクをお願いする場合は少し時間に余裕を持ってお願いしましょう。赤ちゃんがぐずってからでは遅いですからね。

赤ちゃんと快適な空の旅を楽しめたママのエピソード

私は娘が7カ月の時に初めて飛行機に乗りました。乗る前までは本当にいろんなことを考えました。泣き止まなかったらどうしよう、周りに怒られたらどうしよう。きっとこれから飛行機で旅行を考えているママさんたちも同じように考えていると思います。

実際に乗ったとき、耳抜きができないことを調べていたので離陸時は何か飲ませなきゃと思っていたので授乳をしていました。ただ、飛行機が動き出したタイミングで飲ませ始めてしまったために、なかなか離陸せず、離陸する頃にはおっぱいは枯渇状態になってしまいました。娘はぐずり始めるし、飛行機は離陸する体制のためベルトサインも出た状態、動くに動けませんでした。

その時に、CAさんが声をかけてくれて安心させてくれました。娘も他の人に構ってもらえたことでご機嫌になってとても助かりました。そしてあとは寝てくれたのでとても助かりました。

他のママさんの話も聞くと、ミルクを作ってもらったりCAさんが フォローしてくれたり隣に座った人があやしてくれたりして快適な空の旅ができたとの話を聞きました。

まとめ

いかがでしたか。赤ちゃんとの飛行機での旅は心配も多いですが、いろんなサービスもあります。安心して空の旅を楽しんでくださいね。

コメント