七五三は数え年と満年齢どちら?2歳、3歳?どっちが正解!?

スポンサーリンク

お子さんが成長した姿を確認できるイベント、多いですよね。記念の写真をとって、見返してそして大きくなったなー、成長したなーと思うのも親御さんのお楽しみ。

お食い初めやお宮参り数を挙げるときりがありませんが、「七五三」も子供の成長を祝う行事の一つです。

いい衣装を借りようかなそれともいっそ買ってしまおうかな?と七五三の年になるとワクワクするものです。

しかし、そんな嬉しい悩みの中でも切実に悩んでしまうこともあります。
それが、七五三をやる年齢って正解は?!という疑問です。

数え年と満年齢?2歳と3歳どっちなの?・・・そんなお悩み解決します!

地域や神社などによって異なる?!七五三の年齢

七五三を数え年と満年齢どちらでするかは、地域や神事を執り行う神社によって習慣が異なるそうです。

一般的には、本来の七五三のお祝いは数え年と言われています。昔の年齢の数え方は数え年で主流だったからのようです。

つまり、生まれた年にはもう一歳、翌年の正月を超えると二歳、という数え方です。

日本では昔からある七五三は一説には江戸時代からあるとも言われています。そんな昔ですから年齢の数え方は数え年が正しいという事が出来るわけです。

江戸時代では、三・五・七歳でそれぞれ男児と女児のイベントが決まっていました。このイベントの発展形が七五三なんですね。

しかし、今は時代も変わり、社会や文化・親の事情なども大きく変化しました。そういうことなので、最近は満年齢でやる事が多いようです。

が、しかし神社や家庭でも七五三事情が異なります。都合の良いほうで解釈して七五三を迎えている、というのが実際のところです。

満二歳で七五三だと赤ちゃんに近いかわいさがありますし、三才でやると手間もかかりにくく、似合う着物も多くなります。

もちろんこっちもかわいい!ですので、ご家族での相談で決めても問題ありません!

ちなみに年齢関係なく、七五三のお参り時期は非常に混雑します。神社での祈祷や、写真館での予約が取れないということもあります。

個人のお祝いなので都合のいい時に行クのが実用的な考え方のようです。



人気のある日は勿論大安!

そして七五三当日の11月15日前後です。

早生まれの子の場合、こんなケースが多いんだって!?

早生まれの子では尚更年齢で困ってしまいます。でも早生まれの子供でもおんなじ。

早生まれの子が満年齢では、2歳、数え年で3歳です。

但し、11月や12月生まれの子は満年齢で2歳、数え年では4歳になります。
同じ学年生まれでも違ってきてしまいます。

子供を基本的に考えるのはもちろんのこと早生まれでは数え年が一般的です。

地域で周囲がどうしているかということもありますし、子供がしっかりしているから、今やってしまおう!ということも少なくありません。

女の子の場合は早いうちに七五三を済ませてしまうことも意外にも多く見られます。
理由は様々ですが着物や衣装に関する理由も割とあるようです。

でも一つだけ忘れてはいけないのは、子供の様子に合わせて七五三をしてあげることです。
無理をさせすぎてしまうとせっかくのお祝いも残念な事に……。

子供の成長も考えながら

男の子の場合や小柄な女の子は後の方にやることも多くあります。成長して体格がしっかりするため着物を着ても崩れにくくなるのです。

考え方もしっかりするので行事中も安心して見ていられるのが後の方にやる子供の特徴です。

このように、七五三の時期にこれ!というものはありません。

幼いうちにあどけない着物姿を撮るか、少し成長して凛とした着物姿を撮るか悩んでしまいますね。

なので子供がこれを着たい!等の希望が特にないなら、様子をみて決めるのもいいかもしれませんね。

ちょっとずるい方法としては早めに準備して、神社予約の状況で最終的に決めるという方法もあります。
七五三の予約はとにかく多い!我が子がかわいいのはみんな一緒なのです。

まとめ

歴史ややり方にこだわるならば、七五三は数え年でやるのが正解のようです。
本来の年齢は数え年を採用することがほとんどです。

しかし、特に七五三をする以外の強い理由がなければ数え年でも満年齢でもどちらでも大丈夫!

数え年には数え年の、満年齢には満年齢の、
それぞれに良さや可愛さがあります。

元々は成長のお祝いが目的ですので、
よく育ってきた!という部分がメインのお祝い!

コメント